左足上がりのショット

左足上がりのショット

動画を見る

POINT.01

ボールの位置をいつもよりも右足寄りに置く

傾斜のためクラブが寝て入りやすく、いつも通りのボール位置だとロフトが大きくなり飛距離が落ちてしまいます。いつもの位置よりも少し右足寄りにボールを置くことが大切です。

POINT.02

クラブの番手を1つ上げる

傾斜によりロフトが大きくなり飛距離が落ちてしまうので1番手大きいクラブを持ちコンパクトに打つことがポイントです。


POINT.03

右足の親指でしっかりと踏ん張る

左足が上がっている分、右足の外側に体重が逃げやすくなるので、右足の親指でしっかりと踏ん張り、体重を逃がさずにしっかりと安定させることが大切です。

POINT.04

体重移動は最小限に

下半身をしっかりと安定させて、なるべく体重移動をせずに上体を使って打つことを心がけてください。


ページの先頭へ
ページの先頭へ