左足下がりのショット

左足下がりのショット

動画を見る

POINT.01

ボールの位置を右寄りに

傾斜で右側が高くダフりやすくなるので、ボールの位置は通常より1個分右側に置くこと。また、ボールの位置と傾斜によりクラブのロフトが立ち、ボールが飛びやすくなるので、クラブの番手は1つ下げます。

POINT.02

傾斜に逆らわず左足体重で構える

傾斜で左足が下がる分、体重も左足にしっかりと乗せて、傾斜に逆らわずにアドレスすることが大切。


POINT.03

ターゲットを少し左にとる

左足下がりのショットの場合には、アウトサイドインの軌道でスライスがかかりやすくなりるため、少し左にターゲットをとることが大切。

POINT.04

体重移動せずコンパクトに

クラブを短く持ち体重移動せずにコンパクトにスイングすることが大切。


ページの先頭へ
ページの先頭へ