つま先上がりのショット

つま先上がりのショット

動画を見る

POINT.01

グリップを短く持つ

つま先上がりのショットの場合、フラットなライよりもボールと身体の距離が近くなるため、傾斜している分だけグリップを短く持つことが大切。

POINT.02

いつもより大きめのクラブを選ぶ

グリップを短く持つ分、飛距離が落ちるので、普段よりも1番手から2番手大きめのクラブを選びましょう。


POINT.03

上半身の回転で打つ

つま先上がりのライでは、体重が背中の方に乗りがちなので、なるべく前に体重が乗るように下半身を安定させ、上半身の回転だけで打って行くと良いでしょう。

POINT.04

ターゲットよりやや右を向いて構える

つま先上がりのライでは、クラブフェースが左を向いてボールが左に飛びやすくなるので、ターゲットよりやや右を向いて構えることが大切。


POINT.05

コンパクトなスイングを心掛ける

つま先上がりのライでは、スイングを大きくすればするほど左にボールが飛んでしまうので、コンパクトなスイングを心がけることが大切。


ページの先頭へ
ページの先頭へ