打ち上げのセカンドショット

打ち上げのセカンドショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

打ち上げのショットの場合、いつもなら高低差を計算に入れて、普段使用しているクラブより一つ大きめの番手を選ぶことをおすすめしますが、今回はフォローの風が強く吹いているので、ボールが流れる事も考慮して、距離通りの番手を選択します。また、左足上がりの状況で打つ分、ボールがつかまりやすく、いつもよりも左に飛びやすいことが考えられるので、狙うポイントよりも5ヤードぐらい右を狙って打ちましょう。

POINT.1

風の方向を考えて番手を選ぶ

打ち上げの場合、普段よりも大きめの番手を選ぶことが多いですが、それだけではなく、風の向きや強さを計算に入れてクラブを選びましょう。

POINT.2

ピンよりも右を狙う

打ち上げのショットは、左足上がりのためボールがつかまりやすく、普段よりも左に飛ぶことが予想されるので、ピンよりもやや右側を狙って打ってください。


松本進コーチのアドバイス

傾斜がある場所でのショットに加え、今回は風も強く吹いているので、ショットのバランスを崩されてしまいがちです。また、風の強さを計算して打つ場合、ボールが高く上がらないと、なかなか風にのることができず、打つ前にイメージした打球のラインと違う結果になりがちです。そこで、いつもよりもアドレス時のスタンスを広く構え、下半身を安定させて打つことを心がけてください。そうすることで、傾斜でも安定したショットができ、ボールも上がりやすくなるでしょう。

POINT.1

アドレス時のスタンスを広げる

アンジュレーションのきつい場所からのショットでは、バランスが取りづらくミスショットが出やすいので、スタンスを広げて下半身を安定させることが大切です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ