ダフリ・トップ防止と距離感

ダフリ・トップ防止と距離感

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場ゆかりプロ

ボールがフェアウェイの真ん中にあり、グリーンにのせればバーディチャンス。そんな状況での気の緩みはミスショットの原因になってしまいます。絶好の状況だからこそ集中して、ショットに臨むよう心がけましょう。また、ピンに寄せる事を意識しすぎて、距離感を意識し忘れてはいけません。気持ちを落ち着かせてピンの位置だけではなく、ピンまでの距離を意識しながらイメージを作り、しっかりとクラブを振り抜くことが大切です。

POINT.1

ピンの位置よりも距離を意識する

ピンの位置よりも距離を意識する

ピンに寄せることばかりを考えてしまうと、肝心な距離感を見失ってしまいがちです。まずはしっかりとピンまでの距離を把握しましょう。

POINT.2

理想のイメージを持って振り抜く

理想のイメージを持って振り抜く

打つ前に理想のイメージを固めて、ヘッドスピードを緩めずにしっかりと振り抜きましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

ダフリ・トップを引き起こす一番の要因としては、ピンを狙う意識が強くなりすぎて余計な力が入ってしまい、上体が起き上がってしまうことによるものです。攻略のポイントは「左足を浮かさないことに意識を集中させる」こと。これにより、下半身が安定し力を逃さず、効率のよいショットが打てるとともに、 ピンに1点集中していた意識が緩和され、リラックスしたショットが打てるという2つの効果が得られます。

POINT.1

左足を浮かさない

左足を浮かさない

ダフリやトップをしてしまう理由の一つが上半身のブレです。その原因となる左足を浮かさないことで、上半身の起き上がりを防ぎ、安定したショットを打つことができます。


ページの先頭へ
ページの先頭へ