ショートホールの選択肢

ショートホールの選択肢

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

ショートホールで、よりピンに寄せることを考えるのは重要なことです。しかし、それよりもさらに考えなければならないのが、一番してはいけないミスを想定することです。ピンの位置やバンカーの位置、グリーンの形状を充分に確認し、どの方向に外してしまうと一番リスクが高いのかを判断し、ショットに臨みましょう。そうすることでミスをした場合でもフォローがしやすくなります。

POINT.1

ミスをした場合も想定して狙い所を決める

ミスをした場合も想定して狙い所を決める

ミスをした場合でもリカバリーしやすい場所を確認し、リスクを極力回避した選択を行うことが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

ショートホールでクラブを選択する際にありがちなのが、ピンまでのギリギリ届くクラブを選択することです。その場合、ベストショットをしなくてはならず、少しのミスで、池やバンカーに入ってしまう可能性があります。余裕を持ってグリーンに届かせるためにも、一番確率の高いクラブを選択するよう心がけましょう。そうすれば距離に余裕も生まれ、多少のミスがあっても許容範囲で収まります。

POINT.1

確率の高いクラブを選択する

確率の高いクラブを選択する

ベストショットをして届くクラブではなく、グリーンオンする確率が高いクラブを選択しましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ