ショートホールの戦略

ショートホールの戦略

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

馬場ゆかりプロ

ショートホールでは、ピンをデッドに狙いすぎて、スイングのテンポが崩れてしまう恐れがあるので、普段通りのスイングでリズムとテンポを意識して、しっかりと距離を出すことが大切です。ある程度、距離のあるショートホールでは、縦の距離感に重点を置き、多少の方向のズレは許容範囲と捉えることで、心に余裕が生まれ、良い結果にも繋がります。
 

POINT.1

縦の距離を合わせる

縦の距離を合わせる

ピンまでの距離を確認して、距離感を確かめてからショットすることが大切です。

POINT.2

いつものリズムとテンポを心がける

いつものリズムとテンポを心がける

気負いすぎてスイングが崩れないよう、いつものリズムとテンポで打つことを意識しましょう。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

ショートホールは、ティーショットで決まると言っても過言ではありません。誰もがピンをデットに狙って、バーディチャンスを掴みたいことでしょう。しかし、単純にピンをデットに狙うとミスをする原因にもなりかねません。まずはしっかりと全体を見て、どこを狙えばリスクが少ないかを考えることが大切です。ピンの位置やグリーンの形状、バンカーの配置など、それらを落ち着いて確認することが出来れば狙い所も定まり、よりミスの少ないショットが出来るでしょう。

POINT.1

狙ってはいけない場所を確認する

狙ってはいけない場所を確認する

どこがリスクの高い場所なのかを落ち着いて確認し、ミスしても比較的安全にリカバリーできる場所を狙ってください。


ページの先頭へ
ページの先頭へ