パッティングの距離感

パッティングの距離感

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

プロの世界でもロングパットは難しく、弱気になってしまうと弱いパッティングになり、思った以上に距離が残ってしまうことも。だからといって強く打つことはとてもリスクが高く、ピンの位置によってはグリーンから転がり落ちてしまうこともあります。そんな結果にならないためにも、距離感のイメージをしっかりと持ってパッティングに臨みましょう。

POINT.1

距離感のイメージをしっかり作る

素振りの段階で、カップまでの距離感をきっちりとイメージしてからアドレスに入ることが大切です。


松本進コーチのアドバイス

ロングパットの場合、普段の練習環境ではなかなか打つ機会がなく、距離感を掴むのは至難の技といえるでしょう。そんな時はカップが見えやすい状態で素振りをして、より明確に距離感を掴むことが大切です。また、コースを訪れた際には、練習用グリーンなどを利用して、普段できないロングパットの感覚を練習してください。

POINT.1

高い姿勢で素振りをする

ロングパットでは、姿勢を高くして素振りをしてください。姿勢を高くすることにより、カップが良く見え、距離をイメージしやすくなります。

POINT.2

カップを見ながら距離感をイメージする

イメージの中でボールを打ったつもりになって素振りをし、カップまでボールが届くストロークを見つけることが大切です。


POINT.3

練習グリーンでの練習法

コースに訪れた際には、練習グリーンなどを利用して、グリーンのエッジからエッジまでを使い、ロングパットの距離感を掴むための練習も行いましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ