ロングパットの考え方

ロングパットの考え方

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

馬場由美子プロ

パッティングはスコアに直結する大切な一打です。しかし、カップに入れることばかりを意識しすぎると力が入ってしまい、ミスに繋がる原因になります。ロングパットの際には、最低でも3パットをしないよう「ピンに寄せて、次で確実に入れる」くらいの意識でパットに臨みましょう。また、ラインを読む際は、どの程度の力加減で打つのかを明確にすることが大切です。そうすることで、ボールの球威にどれだけ傾斜が影響するのか、イメージすることができます。

POINT.1

入れるよりも寄せることを意識する

入れるよりも寄せることを意識する

一度で入れることを考えず、カップに寄せて次のパットで沈めるつもりで、余裕を持ってパッティングに挑みましょう。

POINT.2

明確なイメージをつくる

明確なイメージをつくる

ラインだけでなく力加減も意識して、パッティングのイメージを作ることが大切です。


松本進コーチのアドバイス

松本進コーチ

パッティングを打つ際に大切なことは、まず第一にパッティングの強さを決めることです。ボールの速さによって、パッティングラインは幾通りもあります。まずはどれくらいの強さで打つかを決めて、そのボールの速さに合わせてラインを決めることが大切です。あと、意外と知られていないのが風の影響です。特に、ボールの止まり際には風の影響を大きく受けるので、風の強いときにはその影響も考慮に入れてラインを決める必要があります。

POINT.1

パッティングの強さを決める

パッティングの強さを決める

パッティングの際に大切なことは、まず第一にパッティングの強さを決めることです。強さを決めたうえで打ち出すラインを考えましょう。

POINT.2

風の影響を計算に入れる

風の影響を計算に入れる

ロングパットは風の影響を受けやすいので、グリーンの傾斜だけではなく、風の強さや向きも計算に入れてパッティングに挑みましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ