上りと下りのパッティング

上りと下りのパッティング

動画を見る

馬場ゆかりプロのアドバイス

上りと下りのパッティングでは気持ちの持ち方が大きく異なります。例えば、3mの距離でのパッティングの場合、上りのパットでは「必ず入れる」という気持ちで強気にパッティングする一方、下りのパットでは、外した時の返しのパットも想定しつつ「タッチを合わせてラインに乗せる」という気持ちでパッティングすることになります。その違いを認識し、"心にストレスをためないパッティング"を続けていくことがスコアアップにも繋がります。

POINT.1

上りはラインを浅めにしっかりと打つ

上りはラインを浅めにしっかりと打つ

上りのパットは強くしっかりと打つ分、傾斜の影響が少なくなるため、ラインは浅く読むことが大切です。

POINT.2

下りは距離感を掴みラインを合わせる

下りは距離感を掴みラインを合わせる

下りのパットは、外した時の返しのパットも想定に入れて、タッチを合わせてラインに乗せることが大切です。


松本進コーチのアドバイス

上りでも下りでもパッティングに大切なのは、気持ちを落ち着かせることです。せっかくのバーディーチャンスにカップに入れることを意識し過ぎると、思った以上に力が入ってしまったり、いつもは意識できていたことを忘れてしまうことも考えられます。まずは気持ちに余裕を持たせて、上りと下りの状況に合わせた気持ちの切り替えをしましょう。「入ればラッキー」と思える位の気持ちでパットに臨むことが、良い結果に繋がる大切なポイントです。

POINT.1

上りと下りの打ち分けをする

上りと下りの打ち分けをする

上りは「強く」、下りは「距離を合わせて打つ」という考え方を持つことが大事です。


ページの先頭へ
ページの先頭へ