ワンパットの極意

ワンパットの極意

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

ドライバーでどれだけ飛ばしても、アイアンでベタピンにつけても、最後に勝負を決めるのはパッティングです。プロの試合でも、数十センチの短いパットを外して優勝を逃してしまう瞬間が多々あります。それだけパッティングにはプレッシャーがかかり、少しのミスも許されない繊細さが要求されます。いつもは簡単に読み取れるラインでも、緊張感のある場面ではラインを読み間違えてしまうこともあります。そんなとき、まずは気持ちを落ち着かせて「カップインするイメージ」だけを思い描いてください。パッティングに自信が持てると気持ちに余裕が生まれ、他のショットにも良い影響を与えます。スタート前の練習グリーンでは、確実に入る距離を繰り返し練習することで「カップインするイメージ」ができ、本番でも落ち着いて対応できるでしょう。

POINT.1

スタート前の練習では、入る距離を練習する

スタート前の練習では、入る距離を練習する

スタート前の練習では、簡単に入る距離を練習してください。良いイメージを残すことで、本番でのパッティングでプレッシャーが軽減されます。


松本進コーチのアドバイス

パッティングで最も大切なことは、狙ったラインに対してストレートな軌道で、フェースをスクエア(垂直)にインパクトさせることです。皆さんも一度、正しいインパクトができているか確認してみてください。方法は簡単です。ティーを2本使い、パターのヘッド幅に合わせて間隔を空けずにティーを刺し、その間を通すようにパッティングしてみてください。その時、左右どちらかのティーに当たる場合は、その方向にストロークがずれていることが分かります。繰り返し練習を行い、ティーに触れずにスクエアにストロークできるようになれば、ボールを置いてパッティングをしてみてください。正しいストロークができていればボールに順回転がかかり、曲がりが少なく、ラインから外れないパッティングができるようになります。

POINT.1

真っ直ぐな軌道からフェイスに垂直に当てる

真っ直ぐな軌道からフェイスに垂直に当てる

ストロークからインパクト、フォローまで真っ直ぐな軌道を意識してください。ボールをフェース面に対して垂直に当てることで、無駄な回転がかからず、真っ直ぐに転がります。

POINT.2

ティーを2本使って軌道のずれを修正する

ティーを2本使って軌道のずれを修正する

フェース幅に合わせてティーを上下に刺し素振りをすると、軌道がずれている場合はティーにあたります。上下どちらのティーにも当たらなくなるまで素振りを続けることにより、軌道のずれを修正することが出来ます。


ページの先頭へ
ページの先頭へ