ベストなボールポジション

ベストなボールポジション

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

ゴルフをされる方なら皆さん、それぞれに自分のパッティングフォームがあると思います。例えば、スタンスを取るときの足の開き具合ですが、私の場合は肩幅位に足を開いてスタンスをとります。過去に大きく足を開いてスタンスを取っていた時、パッティングの精度が落ちた経験があるからです。自分の背丈とパターのバランスによって、それぞれ自分に合ったスタンスを見つけ出すのが、パッティング上達の基本と言えるでしょう。また、パットを外した際に原因を追及することも重要です。パッティングが苦手な方は、ボールのポジション、スタンス、フェース面の向きなど、しっかり確認することが大切です。

POINT.1

自分に合ったスタンスと目線のズレを確認する

自分に合ったスタンスと目線のズレを確認する

スタンスを取るとき、足の幅が開きすぎたり狭すぎると目線にズレが生じるて、パッティングに影響が出るので注意が必要です。


松本進コーチのアドバイス

ボールポジションは、正しいパッティングストロークを行ううえで最も重要なポイントです。間違った位置にボールを置いてストロークしてしまうと、フェースの向きがずれてしまう原因となります。ボールの位置は、パッティングのダウンスイングが終わって最下点を通り過ぎ、フォローに入る瞬間にインパクトできる位置がベストですが、なかなか目で見て確認することができません。そこで、正しいボールポジションを簡単に確認できる方法をご紹介します。コイン2枚(100円玉と1円玉)用意し、1円玉を上にして地面に重ねます。地面に置いたコインをボールに見立ててストロークしてみてください。このとき、上に置いた1円玉だけが動く位置がベストなボールポジションです。両方動いてしまう場合はボール位置が右過ぎ、両方とも動かない場合はボールの位置が左過ぎということになります。簡単にできるので一度試してみてください。

POINT.1

コインを2枚重ねて上のコインだけ当たる場所を探す

コインを2枚重ねて上のコインだけ当たる場所を探す

コインを2枚重ねて、上の1枚だけに当たるようにストロークしてください。その位置がベストなボールポジションとなります。

POINT.2

両方の手のひらが自然と向かい合うスタンスが理想的

両方の手のひらが自然と向かい合うスタンスが理想的

リラックスした状態で足を開き、前傾姿勢を取ります。両腕を前に垂らし、両方の手のひらが自然と向き合う状態が、バランスの取れた良いスタンスだと言えるでしょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ