パッティングの落とし穴

パッティングの落とし穴

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

私達プロゴルファーは、パッティングに一番時間を使います。それだけ時間をかけて確認しなければならないほど、パッティングには重要なポイントがたくさんあるのです。しかし、せっかく時間をかけてラインやタッチを確認しても、自分自身のパッティングのバランスが伴っていないと、ボールは思った所に転がってくれません。バランスの取れたアドレスやフェースの位置、体重のかけ方など、常に一定に打てる姿勢を取ることを心がけることが重要です。

POINT.1

一定に打てるアドレスを身につける

一定に打てるアドレスを身につける

いつでも一定にパッティングができるアドレスを取ることを意識してください。アドレスが一定になることにより、精度の高いパッティングが身につきます。


松本進コーチのアドバイス

パッティングの際に意外と見落としがちなのが足場の傾斜です。
グリーンには微妙な傾斜がつけられており、その傾斜でスイングバランスが微妙に変わってしまい、パターの芯を外してしまうケースがよくあります。また、芯を外してしまうとボールの回転が悪くなり、グリーンの傾斜の影響を受けやすく距離も大きくロスしてしまいます。ですので、これからはグリーンの足場の傾斜に注意してみてください。傾斜に合わせてバランスを整えることで、芯を捉えたパッティングができる可能性が高まります。

POINT.1

足元の傾斜とアドレスのバランスを意識する

足元の傾斜とアドレスのバランスを意識する

足元の傾斜に合わせてバランスを調整することで、パターの芯を外さずにしっかりとパッティングすることが出来るでしょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ