ピンを狙うラフからのショット

ピンを狙うラフからのショット

動画を見る

馬場由美子プロのアドバイス

グリーン脇の深いラフからのアプローチショットはリスクが高く、攻略するには高い技術が要求されます。安定したショットを打つためには、ポイントを理解しながら練習する必要があります。まずは、構えた際にクラブのフェースは開いておきます。次に大切なのはスイングです。スピードを緩めることなく一定のリズムで振り抜くことを心掛けましょう。その際、無駄な力が加わらないようにいつも通りのリラックスした状態で打つことが大切です。無理に球を上げようとすると、無意識のうちに力んでしまい、ダフリやトップの原因になりますので注意しましょう。練習をする際に、フェースの開き具合でどのような球筋になるのか理解しておくことが大切です。

POINT.1

フェースを開いて一定のリズムでスイングする

フェースを開いて一定のリズムでスイングする

ボールを高く上げたい場合は、クラブのフェースをしっかりと開き、力まずに一定のリズムで打つことが大切です。


松本進コーチのアドバイス

ラフからのショットは、ボールの斜め上からフェースの刃(エッジ)でボールの下を刈るように打つことが一般的な打ち方とされていますが、十分な練習をしていなければショットは安定せず、ボールの手前でダフってしまったり、刃がボールの上部に当たってトップしてしまう可能性があります。これらのリスクをできるだけ抑えてショットするのであれば、ボールの下を「刈る」のではなく「滑り込ませる」イメージで打ちましょう。また、構えた際にはフェース面を大きく開く必要があります。そうすることでクラブの刃ではなく、バンスを有効に使ったショットが可能になります。次にスイングでの注意点ですが、決してハンドファーストにならないことが大切です。ハンドファーストになるとロフトが立ってしまい、ダフリやトップの原因になります。スイングの際はクラブのバンスからボールと地面の接地面に滑り込ませ、ボールの下を滑らせながら、手首のスナップ効かせて振り抜きましょう。多少ボールの手前を叩いたとしても、バンスを滑らせることでボールを掴まえることができるはずです。

POINT.1

ハンドファーストに気をつける

ハンドファーストに気をつける

ハンドファーストになると、ダフリやトップの原因になるので、しっかりとクラブヘッドの重さを利用して振り抜きましょう。

POINT.2

バンスを使って滑らせるように打つ

バンスを使って滑らせるように打つ

ショットの際は手首のスナップを効かせ、バンスを使ってボールの下を滑らせるように打ちましょう。


ページの先頭へ
ページの先頭へ