六甲カントリー倶楽部
阪神高速北神戸線または中国自動車道を使用。西宮山口南I.C、西宮北I.Cのどちらからも5分以内の早さでコースに到着できる。金仙寺湖を渡る橋の手前の大きな看板が目印。
広大な敷地に点在する各ホールは、フラットでフェアウェイも広く、ゆったりとした気持ちでプレーを楽しむことができる。また、コースからは人工物がほとんど見られず、緑豊かな六甲の大自然を満喫できるのも魅力の一つ。
六甲カントリー倶楽部の雰囲気を動画でご紹介
動画を見る
フラットでワイドなフェアウェイのため、難しいことは考えず、思いっきりドライバーを振り回すことができる。来場者にはアスリートの方も多く、豪快なゴルフが堪能できるコースとして知られている。また、全体的にフラットな地形のため、歩いてラウンドするプレーヤーも多く、ハイキング感覚でゴルフを楽しむことができる。
フェアウェイの芝はエバーグリーンで、一年を通して緑の芝でゴルフを楽しむことができる。また、コースコンディションは抜群で、フェアウェイやラフはもちろん、コース内の山の斜面に至るまでびっしりと敷き詰められた緑の芝には圧巻の一言。6月〜11月は「ティフトン」という暑さに強い芝、11月〜5月の間には寒さに強い「ライグラス」という芝が敷かれ、いつ来ても最高のコースコンディションでのプレーを可能にしている。
雄大な六甲の山々と、スタッフの手入れが行き届いた草花や池、自然の息吹を感じながらリラックスしてゴルフを楽しむことができる。また、2番ホールからは、有馬の温泉街を眺めることもでき、風情ある街の景色を堪能することもできる。
六甲カントリー倶楽部には様々なタイプのロッカーが用意されている。ゲスト用のロッカールームとは別に、専用の入り口のあるメンバー用のロッカールームがある。その他、メンバーとゲストが同じ部屋で着替えることができる、コンパートメントロッカーという個室(有料)も用意されており、ゴルフの時間をグループで楽しんでもらうための配慮がなされている。
コースさながらの美しい景観が広がる210ヤード14打席のドライビングレンジの他、バンカー・アプローチ・パッティング練習場が設置されていて、多くのプレーヤーがラウンドの前後に練習することができる。交通アクセスも良いことで、練習のみで訪れるプレーヤーも多い。
「常に勉強と実践の繰り返しです。」と言うシェフは、レストランの厨房で毎日新しいメニューの考案に余念がない。何度も訪れてくれるメンバーが多く、料理に飽きられてしまわないよう、月に一度はメニューを入れ替え、試行錯誤を繰り返す。この日も「次のコンペ用メニューを考えないと」と申し訳なさそうに厨房に戻っていった。
サクサクのカツに上品な餡を絶妙に絡めた、女性に人気のメニュー。
上品な辛さとゴマの風味が見事にマッチした一品。暑い日にオススメのメニュー。
三種類の品種の豚を掛け合わせた三元豚を使用。衣は軽くさっぱりと頂けるので女性ファンも多い。
ハモ鍋、湯引き、季節野菜の天ぷらなど、旬の素材をふんだんに使った六甲カントリー倶楽部の代表メニュー。彩も豊かでボリュームも満点の贅沢な逸品。
餡をかけ、ジュワッとした音と共に広がる上品な匂いが食欲をそそる、具だくさんの野菜が嬉しい一品。
Flashムービーをご覧頂くためには、最新のFlashPlayerプラグインが必要となります。
ページの先頭へ
ページの先頭へ