ゴルフエクササイズ特集
Vol.1 ラウンド前のストレッチ編
Vol.1 ラウンド前のストレッチ編
Vol.2 普段の筋力トレーニング編
Vol.3 普段のスイング矯正編
理想的なゴルフスイングを手に入れるには、日々の練習が欠かせませんが、体のバランスを意識して矯正することも必要です。普段から鏡の前などで、形を意識して素振りをして、調整されている方も多いでしょうが、機能的なグッズを用いて、より効率よく体のバランスを整える方法があります。今回は、最近話題のゴルフトレーニンググッズ「ごるトレ」を使って、スイング矯正のためのゴルフエクササイズをご紹介します。
ラウンド前のおすすめストレッチ その1
ラウンド前のおすすめストレッチ その2
ラウンド前のおすすめストレッチ その3
ゴルフ初心者の方はもちろんベテランの方でも、スイング時につい両脇が開いてしまったり、ひざが割れて流れたりと悩みはつきません。素振りの時などは意識しているので、あまり開かないのですが、実際に打つ際に開いてしまい、ミスショットの原因に。そこで、ごるトレ「Jelly Band」を用いて、両脇の開きやひざ割れを矯正するゴルフエクササイズをやってみましょう!実際に装着してショットすると、より効果的です。
まずは、頭からかぶり、右の二の腕に引っかけてかまえます。
ゆっくりとバックスイングを始めると、テイクバック時の右ワキの開きを抑え、トップで右ヒジが開くのを抑えてくれます。
トップの状態で、右ワキの締まり具合を確認したら、腕を振り下ろします。「Jelly Band」を装着していると、ダウン時に手が外から回り込むのを抑え、右ヒジが体から離れるのを防ぐとともに、軌道の安定とミート率の向上につながります。
今度は、左の二の腕に引っかけて振り抜くと、フォローの時の左ワキの締まり具合を確認することができます。
両ひざの少し上の部分に装着して、いつも通りのスタンスを取ります。
装着したままスイングをすると、ひざの割れや流れるのを抑え、安定したスイングの練習をすることができます。
「Jelly Band」を両足の甲の部分に引っかけて、普段通りのスタンスを取ります。
両足を左右に広げることで、下半身がしっかりと踏ん張り、重心を低く保とうと意識するので、低重心のアドレスを取ることができ、スウェイの防止につながります。
動画を見る
普段のスイング矯正へ戻る
一般的に頭は約5kgあるとされ、5cm程度のずれで約15kgの負担が首や肩にかかると言われています。体の軸がずれていると、アドレス時に正しく軸を使うことができず、肩の可動域も狭くなり、振り抜きも悪くなります。ごるトレ「Jelly Shoulder」を用いることにより、肩甲骨の位置を矯正して、しっかりと頭を支えることで、ショット時のパフォーマンスUPが期待できます。練習時はもちろん、普段から長時間装着することにより、猫背の解消にもつながります。
まずは、両端を握って体の前に出します。その時、真ん中のマークの狭くなった方を上にして握ります。
体の前で両端を握ったまま、手の甲を裏返します。
手の甲を裏返したまま両手を伸ばし、背中に回します。
肩甲骨の少し下ぐらいに合わせ、両ヒジを中に入れて装着します。
装着することにより、肩甲骨が開き、肩の可動域が広がります。伸縮性のある素材なので、長時間の装着が可能です。
ゴルフの理想的な姿勢は、身長を測るときのように立つことと言われています。「Jelly Shoulder」を装着してアドレスを取り、前傾した状態が正に、理想的なゴルフの構え方になります。
その状態を維持してスイングすると、肩や首の緊張が緩和され、可動域が広がり、理想的な回転軸を作ることができます。
動画を見る
普段のスイング矯正へ戻る
浮き指とは、立ったり歩いたりするときに、足の指が地面に着かない状態のこと。男性の3人に1人、女性では2人に1人に浮き指の症状が見られるとも言われています。ゴルフでは、トップからインパクト時の前傾姿勢を保つために、5本の足指が地面に接していなければ安定しないとされています。ごるトレ「Jelly Balance」を足の親指と人差し指の間に装着することで、5本の足指が地面をしっかりと掴み、バランスの良い安定したスイングを手に入れることが期待できます。
まずは実験です。後ろで手を組み、組んだ手のひらに垂直方向に力を入れます。
大抵の方は、手のひらに力を入れると、後ろに倒れかかることでしょう。これでは、バランスの良い、正しい姿勢が保てているとはいえません。
そこで、「Jelly Balance」を足の親指と人差し指の間に装着します。装着するだけで足指に意識が行き、しっかりと足底を掴むことができます。
再度、同じ実験をやってみると、手のひらに力を入れても、後ろに倒れることなく、しっかりと耐えることができました。
柔らかい素材なので、普段から装着することにより、自然と足指の使い方が良くなります。ゴルフでは、テイクバックとフォロースイング時のスウェイを抑え、トップからインパクト時の前傾姿勢を安定して保つことができます。
動画を見る
普段のスイング矯正へ戻る
ゴルフ発祥の地「六甲」に誕生したインドアゴルフスタジオ「natura green golf club」。そのDNAを受け継いだ2号店が、大阪都心のベッドタウン「箕面」にオープン。最新のゴルフシミュレーター、高速カメラ、ストレッチマシンを導入し、インドアで一年中快適にトレーニングできる新次元のゴルフ空間。プロのインストラクターが在籍しており、計画的にトレーニングすることができます。また、クラブ・シューズ・グローブは全て無料レンタルできるので、手ぶらで気軽にレッスンが楽しめます。
ナチュラゴルフクラブへ
朝日ゴルフ用品へ
ページの先頭へ
ページの先頭へ