これでバッチリ!シャフトの選び方
第1回 フジクラさんシャフトのこと教えて
第1回 フジクラさんシャフトのこと教えて
第2回 フィッティングを体験!
第3回 最適なシャフトとは!?
シャフト選びで最も大切なのは重量です。最適な重量のシャフトを選ばないとスイングのバランスを崩しやすく、フィニッシュまで振り抜くことが難しくなります。昔のシャフトと今のシャフトの一番大きな違いは重量です。10年前は一般的なシャフトでも50〜60g台が主流だったのが、今では40g台が主流となりました。また、重いシャフトの方がボールが飛ぶという認識は間違いで、昔はシャフトを軽く作りたくても出来なかっただけなのです。今では、材料であるカーボンシートが進化して、軽いシャフトでも十分なパフォーマンスが出せるようになり、各人が振り切れるクラブを作り上げることが出来るようになりました。
ゴルフシャフトでは、硬さの種類を、柔らかい方から順に「R/SR/S/X」フレックスなどに分けて表記しています。
シャフトの硬さの特性として、柔らかすぎると、ボールが左右に散らばりやすく、硬すぎるとヘッドスピードが上がらず距離が出なくなります。自分のスイングに合った硬さのシャフトだと振りやすく、シャフトが弓のようにしなって飛距離が出るので、試打などで自分に合った硬さを見つけることが重要なんです。
「自分はいつもSフレックスを使っている」と言う方が多いのですが、実際はシャフトに使用している素材によって硬さが違います。同じSフレックスと表記されていても、ゴルフクラブメーカーによって、硬さの表記が異なるので、「自分はSフレックスだ」と決めつけるのは間違いです。メーカーによっては、アスリートモデルのRフレックスが、アベレージモデルのSよりも硬かったりすることがよくあるので、実際に打ってみて、正確な数値を元にフレックスを決めることをオススメしています。
ゴルフ道具の業界には、フレックスに関しての統一した基準がないので、フジクラでは、グリップを固定し、シャフトがどれだけ震えるかを測る振動数測定を推奨しています。
キックポイントとは、クラブを振った時にしなりを感じる場所をさします。大きくわけて、先調子・中調子・元調子の3つに分類されます。それぞれに特徴があり、打つ人のタイプによって使い分けることが大切です。
シャフトの先端部が動くタイプを先調子と呼びます。一般的には、手元が堅くて先が柔らかいものを指します。先端部が動くタイプなので、ボールをすくいやすく高い打球が出やすいので、打ち出し角が低い方に向いているタイプです。
先端から手元まで、剛性にあまり違いのないタイプ、もしくは先端部と手元が堅くて真ん中部分が柔らかいタイプを中調子と呼びます。先調子と元調子の中間のタイプと言えるでしょう。
先調子の真逆で、先端部が堅くて手元が柔らかいタイプを元調子と呼びます。元調子は手元が柔らかく、シャフトのしなりによってヘッドが少し遅れて入って来るので、ボールを抑えて打つことが出来るため、打球が高くてスピン量の多い方におすすめのタイプです。
人工衛星「はやぶさ」の衛星アンテナにも採用されている、50トン高弾性3軸織物をゴルフシャフトに初めて採用しました。3軸織物とは、カーボンの繊維を3方向から織り上げたもので、復元力が強く、しなり戻りでヘッドを走らせてボールを遠くに飛ばすことができます。
カーボンシャフトは、スチールシャフトに比べ、手元重心となり、クラブのスイングウエイトに影響します。「MCT」の開発により、シャフト重心位置の調節とカーボンシャフトの特長でもある滑らかな動きによるコントロール性の高さを両立することが可能となりました。
スイングウエイトをスチールシャフト並みに出来るので、スチールシャフトからのリシャフトが可能になりました。また、スチールシャフトと同じヘッド重量が可能となり、操作性が向上。アイアンの目的であるスイングの対応幅が広くなり、コントロール性が高く、カーボン特有の圧倒的な打ちやすさを実現しました。
優れたシャフトを開発するには、スペックにこだわるのではなく、どんなシャフトを作りたいかを決めて、それに向かって様々な実証実験を繰り返し、満足のいくものだけを商品として出すことになります。例えば「Motore Speeder」の場合、昔にヒットした商品をもとに、復刻版として更に進化させることをコンセプトに、昔の「Speeder」を知っている人が思い描いていた、大きくしなり、早く戻ってくるイメージを残しつつ、ぶれを抑えて、より大きく飛ばすように作りました。また、その後発売された「Speeder EVOLUTION」は、「Motore Speeder」の大きなしなりを抑え、その分戻りのスピードを早くして、はじき感を出すように開発しました。今シャフトに求められているものは何かを考え、それを形にするために、日々開発が進められています。
古川さんの
インタビュー動画を公開!
動画を見る
第2回 フィッティングを体験!
フジクラシャフト
フジクラゴルフ相談室大阪店
ページの先頭へ
ページの先頭へ