「ジャパンゴルフフェア2017」突撃レポート!
  • 突撃レポート!
  • 最新ゴルフギア Vol.1
  • 最新ゴルフギア Vol.2
  • 最新ゴルフギア Vol.3

2017年5月3日更新

ジャパンゴルフフェア2017
最新ゴルフギア紹介 Vol.2

2017年3月24日(金)〜26日(日)にパシフィコ横浜で開催された、日本で唯一のゴルフ総合コンベンション「ジャパンゴルフフェア2017」。出展した数多くのゴルフ関連企業の中から、2017年注目の最新ゴルフギアをご紹介します!

PickUp Maker

キャロウェイゴルフ

キャロウェイゴルフ

キャロウェイゴルフ キャロウェイゴルフ
キャロウェイゴルフ株式会社
ブランドコミュニケーションズ
マーケティング

ディレクター

菅野 泰臣 さん

フェース裏側の2本の柱でエネルギーロスを抑制
驚きのボール初速を生み出す

今年のイチ推しは? ──

「GBB EPIC STARドライバー」と「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」です。この2本のドライバーの特徴は、フェースの裏側にある2本の柱「JAILBREAKテクノロジー」を搭載したことです。従来のドライバーは、インパクトの瞬間にヘッド全体がたわみすぎることでエネルギーが分散してしまい、フェースの反発力も低下させていました。今回の2本のドライバーは、クラウンとソールを2本の柱でつなぐことにより、上下のエネルギーロスを抑制。それによりフェースのたわみが大きくなり、反発力が増すことで驚きのボール初速を生み出します。
それを可能にしたのが、クラウンとソールに使用した、3軸で編み込んだ超軽量の高強度新素材カーボンです。 最大の特徴でもある2本の柱を搭載したことによる重量を、この超軽量の新素材カーボンで補い、ヘッド後方の適正位置にウエイトを装備することができました。

「GBB EPIC STARドライバー」の特徴は? ──

「GBB EPIC STARドライバー」は、ソールの後方にペリメーター・ウェイティングを搭載。約11gのウェイトをスライドさせることで、ドロー・フェードなどの弾道を調整することができます。よりやさしいドライバーをお求めの方は、この「GBB EPIC STARドライバー」をおすすめします。

「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」の特徴は? ──

「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」は、スピン量を抑えた設計になっており、アスリートゴルファーに好まれるタイプですが、慣性モーメントが大きく安定性も高いので、アベレージゴルファーでも十分、使っていただけるモデルです。

この2本のドライバーの違いは? ──

簡単に言うと、ウエイトをスライドさせて調整できるのが「GBB EPIC STARドライバー」で、前後のウエイトを入れ替えて調整するのが「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」です。さらに「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」は、アジャスタブルホーゼルにより、8通りのロフト角・ライ角の調整を行うこともできます。

契約プロの中でも、スピン量やホーゼル形状などで「GBB EPIC STARドライバー」と「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」で好みのモデルが分かれるので、一般のアマチュアゴルファーの方も、この2本のドライバーを実際に打ち比べてみて、ご自身に合ったモデルを選んでください。

キャロウェイゴルフ キャロウェイゴルフ

スマゴルスタッフの感想

石川遼プロや藤田光里プロなど、多くのトーナメントプロが実戦に使用している話題の「GBB EPIC STARドライバー」と「GBB EPIC Sub Zeroドライバー」は、最新のハイテクノロジー満載。フェースだけでも、11の特許を申請中の特別なテクノロジーを搭載しており、契約プロの活躍次第では、人気が爆発するかも。今年一番の注目ドライバーです。

TOPへ戻る ↑

ヨネックス

ヨネックス

ヨネックス ヨネックス
ヨネックス株式会社
グローバル戦略室
マーケティング課長(ゴルフ担当)

永嶌 俊昭 さん

まだまだ飛ばしたいシニア向けのシリーズ

今年のイチ推しは? ──

「飛ばしのピークはこれから!」をテーマに、まだまだ飛ばしたいシニア向けのドライバー「Royal EZONE Driver」です。このドライバーの特徴は、クラウンをドーム型に成型した点です。クラウンにカーボンを使用したドライバーは他のメーカーにもありますが、ドーム型にすることにより反発力が高まり、軽量化とより低重心化を実現しました。この技術は、30年以上カーボン加工を手がけてきた「ヨネックス」ならでは技術です。

他には? ──

「Royal EZONE Iron」は、ミスヒットに強く、ボールが上げやすいアイアンです。高価な90gのタングステンウエイトを低く深い位置に配置、フェース面を強度の限界まで薄くすることにより、スイートエリアが極限まで広がりました。
また、2017年クラブオブザイヤー(GDO)に選ばれた、グラファイトハイブリッド鍛造アイアン「N1-CB Forged Iron」は、今年のマスターズで池田勇太プロが使用したことで話題を集めました。フェースの裏側にスリットを設けて、その内部にグラファイト制振材を埋め込むことにより振動を抑え、打感が向上。低・深重心化を可能にしたやさしいアイアンです。

ヨネックス ヨネックス

スマゴルスタッフの感想

「Royal EZONE」シリーズは、60歳以上でヘッドスピードが36m/s前後の方をターゲットに設計されています。反発力に優れた弾力カーボンクラウンにより、高反発クラブをも凌駕する飛びが売りです。まだまだ飛ばしたい方のために、ドライバーはもちろん、アイアン・フェアウェイウッド・ユーティリティの全てに、「ヨネックス」のカーボンテクノロジーが注がれています。

TOPへ戻る ↑

HARAKEN

HARAKEN

HARAKEN HARAKEN
株式会社CORRS
取締役社長

山岡 貴正 さん

地クラブの飛距離選手権で好結果を出した
「DCD701」の後継モデル

今年のイチ推しは? ──

高評を得た「DCD701」の後継モデル「DCD711」シリーズです。NEWドライバー「DCD711」がこの春リリースされ、5月にFWの「DCF711」、UTの「DCU711」が発売予定です。同時にレフティー用のドライバー「DCD711 LEFTY」をラインナップに加えて、左打ちのゴルファーにもお使いいただけるようになりました。また、高反発ドライバー「DCD711 HI COR」も用意しています。

特徴は? ──

前モデルの「DCD701」と比べ、大きく違うのはクラウンとソールを硬くしたことです。今までは、ヘッド全体のたわみを使ってボールを飛ばそうという発想でしたが、NEWドライバー「DCD711」は、余分なたわみが出ないよう、クラウン部に線状の突起を設けて強度を高めました。また、ソール部の溝も深く、鋭角にすることで上下の強度を高め、フェースの反発力を最大限に生かせるようにしました。このことにより、従来よりも飛距離が得られるような構造に進化しました。高反発モデル「DCD711 HI COR」も構造は変わりませんが、フェース素材そのものを変更して、よりフェースを薄くしているので、打感が少し堅めです。

アイアンについて ──

アイアンのコンセプトは、やさしく使えるカスタムブランドをイメージしています。カスタムクラブは、どうしても難しいイメージを持たれる方が多いのですが、難しくなりすぎないよう、出来るだけやさしいアイアンに仕上がるように心がけています。軟鉄アイアンですが、ボールが上がりやすく、つかまりの良いヘッドに仕上げています。また、デザイン性も重視していて、どうしても日本の軟鉄ヘッドのデザインは、良く言うとシンプル、悪く言うと地味なので、デザイン性も意識して 社名(HARAKEN株式会社)の「H」をモチーフにしたデザインに仕上げました。ヘッドの製造を姫路で行っており、高い精度で個体差が非常に少なく、フィッティングが前提になっているので、細かい調整ができることが一番のメリットです。

ラインナップについて ──

「711」などの下1桁が1のシリーズはアベレージゴルファー向けで、「702」など2のシリーズはアスリートゴルファー向けです。「703」など3のシリーズは、シニアゴルファーでも使っていただける、かなりやさしいモデルと大きく3つに分かれています。全体的には、アベレージゴルファーに使っていただくことを前提にしているので、マッスルバックタイプもライ角をアップライトにするなど、イージーマッスルをお客様にご提供しております。
ほぼ全てが国内生産の軟鉄ヘッドですが、「703」だけが唯一、海外生産の軟鉄ヘッドです。海外生産では、どうしてもヘッドの精度に個体差が出てしまうのですが、加工機械そのものは海外の方が優れている場合があります。デザイン性の高い軟鉄ヘッドを好まれる方をターゲットに、実験的に海外生産を取り入れてみました。

HARAKEN HARAKEN

スマゴルスタッフの感想

ゴルフダイジェスト誌、地クラブ選手権でベスト4に入った「DCD701」ドライバーの後継モデルということで、大変注目されています。また、同時にレフティー用のドライバー「DCD711 LEFTY」がリリースされたことも大きいですね。地クラブ選手権ベスト4の飛距離を左打ちの方も、ぜひ体験してみてください。

TOPへ戻る ↑

株式会社マスターズ

株式会社マスターズ

株式会社マスターズ 株式会社マスターズ
株式会社マスターズ
営業部 ゼネラルマネージャー

藪内 愛彦 さん

ドラコン選手やトップアマから多くの支持を得た
ぶっ飛びドライバー

ラインナップについて ──

ドライバーは、「ASTRO TOUR S1」「ASTRO TOUR VV」「ASTRO PREMIUM」「ASTRO PREMIUM WT 460」の4タイプがあります。「ASTRO TOUR S1」と「ASTRO TOUR VV」がハードヒッター向け、「ASTRO PREMIUM」と「ASTRO PREMIUM WT 460」はアベレージゴルファー向けで、比較的ボールが上がりやすいモデルです。中でもメインとなるモデルは、ハードヒッター向けの「ASTRO TOUR VV」と、アベレージゴルファー向けの「ASTRO PREMIUM」の2機種です。

「ASTRO TOUR VV」の特徴は? ──

ハードヒッターモデルの「ASTRO TOUR VV」は、460ccのディープフェースで、クラウンが盛り上がりバックも厚目になっているので、吹け上がりを抑えてくれます。また、重心角をつけているので、見た目よりもボールがつかまります。どうしてもディープフェースは、難しいイメージがありますが、実際に打ってみると、さほど手強くはないので、極端に右にしか飛ばないということはありません。ハードヒッターではない方でも、ヘッド形状の好みなどで「ASTRO TOUR VV」を使ってみたいという方には、ロフト角11°のヘッドも用意しているので問題ありません。

「ASTRO PREMIUM」の特徴は? ──

アベレージゴルファー向けの「ASTRO PREMIUM」の特徴は、少しシャローフェースで、同じく少しシャローバックになっています。クラウン上端部をカットすることにより、空気抵抗の軽減と低重心化の効果によりボールが上がりやすく、ボールの弾きも十分です。また、ヘッドの構造は、主流のカップフェースを採用し、スイートスポットが大きく、飛びと安定性を両立したヘッドです。ウエイトも変更可能なので、弾道調整やヘッド重量などの操作も行えます。

他には? ──

FWの「ASTRO TOUR F TITANIUM」は、フルチタンのカップフェースを採用。ドライバーと同じ製法・素材なので、飛距離性能に優れたFWです。#3は、クラウン上端部のカットにより低重心化され、ボールを上げやすいのですが、ヘッドのサイズが少し大きくシャローフェースでない分、比較的、中・上級者向けのモデルとなります。このFWには、#3の15°ではボールが上がりすぎたり吹け上がってしまう超ハードヒッターの方のために、ロフトを立てた#3+もご用意しています。

株式会社マスターズ 株式会社マスターズ

スマゴルスタッフの感想

多くのドラコン選手やトップアマが使用して、口コミで広がった「ASTRO TOUR」ブランド。ハードヒッターモデルの「ASTRO TOUR VV」は、フルチタンのカップフェースを取り入れ、さらに飛距離と安定性がアップしました。「ASTRO TOUR」は、工房向けに商品を展開しているので、フィッティングでシャフトを選び、自分だけのぶっ飛びドライバーを手にしてください。

TOPへ戻る ↑

イーブンロールパター

イーブンロールパター

イーブンロールパター イーブンロールパター
株式会社HICKORY STICK
代表取締役

古賀 啓郎 さん

米国でベスト・オブ・ベスト・パターに選ばれた
パターが日本初上陸!

イーブンロールパターとは? ──

イーブンロールパターは、パターデザイナーのゲーリン・ライフ氏が、パターデザイン人生の集大成として2015年に立ち上げたパターブランドです。2016年からアメリカの市場で流通し始め、2017年の今年、日本に初上陸しました。
2016年に、米ゴルフ情報サイトでベスト・オブ・ベスト・パターに選ばれたパターです。

特徴は? ──

ゲーリン・ライフ氏は、パターのフェースに初めて溝を入れたことで知られ、スイートフェーステクノロジーと呼ばれる溝が最大の特徴です。この溝は、ミスヒットした時に距離・方向性を最大限に抑制する効果があります。また、素材に303ステンレススチールを採用したミルドパターで、全てアメリカで生産しています。
パッティングは、プロゴルファーでも10回ストロークして、全てスイートスポットにヒットするということは、ほとんどありません。このイーブンロールパターは、基本的にミスヒットすることを前提にデザインされたパターです。

ラインナップについて ──

全てが2017モデルの新商品で、4月から発売が開始されたモデルが「ER 1 BLADE」「ER 2 MID BLADE」「ER 5 HATCHBACK」「ER 6 IROLL」の4モデルです。今年の後半には「ER 3 WING BLADE」「ER 7 FULL MALLET」「ER 8 TOUR MALLET」の3モデルが追加発売になり、ラインナップが充実する予定です。

イーブンロールパター イーブンロールパター

スマゴルスタッフの感想

一般的に7mのパッティングで、1cmスイートスポットからずれると約30cmショートし、約20cm左右にずれると言われています。それがこのイーブンロールパターだと、ミスヒットした時の距離と方向性の誤差を限りなく減らすことができるそうです。ミスを軽減してくれるこちらのパターを使えば3パットも減らせるかも。もちろん練習も大事ですが。

TOPへ戻る ↑

関連記事

馬場ゆかりのワンポイントレッスン

馬場ゆかりのワンポイントレッスン

2011年「日本女子オープン」で優勝を果たすなど、女子プロゴルフ界を代表するツアープロ、馬場ゆかりプロがゴルフの様々な場面におけるテクニックを伝授!

3カ月でコースデビュー! 〜初心者のためのゴルフレッスン〜

3カ月でコースデビュー!〜初心者のためのゴルフレッスン〜

全18回にわたって行うゴルフに必要な基礎的なレッスン。スイングの細かい項目を理解して3カ月でコースデビューを目指そう!

杉ちゃんの1ランクUPゴルフ!

杉ちゃんの1ランクUPゴルフ!

2017年2月22日に開催されたスペシャルイベント。プロキャディー杉澤伸章さんと一緒にラウンド形式によるレッスンで、コースマネジメントの極意を学びます!

ページの先頭へ
ページの先頭へ