「ジャパンゴルフフェア2017」突撃レポート!
  • 突撃レポート!
  • 最新ゴルフギア Vol.1
  • 最新ゴルフギア Vol.2
  • 最新ゴルフギア Vol.3

2017年5月10日更新

ジャパンゴルフフェア2017
最新ゴルフギア紹介 Vol.3

2017年3月24日(金)〜26日(日)にパシフィコ横浜で開催された、日本で唯一のゴルフ総合コンベンション「ジャパンゴルフフェア2017」。出展した数多くのゴルフ関連企業の中から、2017年注目の最新ゴルフギアをご紹介します!

PickUp Maker

ミズノ

ミズノ

ミズノ ミズノ
ミズノ株式会社
ゴルフ事業部 営業企画課 課長

横山 直生 さん

フェースをたわませボール初速をアップ!

今年のイチ推しは? ──

今回発表したNEW「MP」ドライバーは、「ドライバーの飛び」にこだわって開発しました。「MP」シリーズは、毎年新作を出していたのですが、今回はより多くの方に使っていただけるドライバーを目指して、徹底的に飛びを追求した結果、開発期間に2年半を費やしました。「MP」の持つ顔や打感も妥協することなく、トータルの完成度を高め、2年半かけて満足のいくドライバーになりました。最近では、プロゴルファーもやさしいドライバーを使うようになり、従来の一部の方だけのクラブではなく、幅広い層に使っていただけるドライバーの開発に努めました。

特徴は? ──

従来品に比べ、フェース面の高初速エリア(COR0.800以上)を63%拡大することに成功しました。また、フェース部に航空宇宙素材のストロングフォージドエリートチタンを使用したことにより、しなやかさと強靱さを兼ね備えました。さらにフェース面中央を厚くし、周囲を薄肉化することによりたわみを増幅。その効果により、大きな飛距離を得ることができました。ソールには、ウェーブ形状の溝を配置し、構造全体で大きな飛距離を実現してくれます。

ラインナップについて ──

NEW「MP」ドライバーには、ヘッド体積が435ccの「TYPE-1」と460ccの「TYPE-2」の2種類をご用意。「TYPE-1」は、プロからの要望を反映させ、アイアンからの流れの中で違和感なく振れる、最近ではめずらしいハイバックで小振りなヘッドです。「TYPE-2」は、シャローバックで投影面積も大きいヘッド形状なので、許容性がかなり高く、幅広い層に使っていただけるモデルです。

ミズノ ミズノ

左:MP「TYPE-1」 右:MP「TYPE-2」

左:MP「TYPE-1」 右:MP「TYPE-2」

スマゴルスタッフの感想

「MP」ドライバーと「JPX」ドライバーとの違いは、「JPX」ドライバーは、ウエイトの調整によるチューニングができることが特徴で、「MP」ドライバーにはその機能がないことです。ユーザーのターゲットとしては、「MP」の方が若干、上級者向けということになりますね。ただ、従来の「MP」ドライバーと比較すると、NEW「MP」ドライバーは許容性・やさしさが格段にアップしたので、使えるゴルファーの幅がかなり広がったと思います。

TOPへ戻る ↑

フォーティーン

フォーティーン

フォーティーン フォーティーン
株式会社フォーティーン
大阪営業所 営業部

上田尾 幸 さん

8番アイアンや9番アイアンの代わりに使える
ワイドソールのやさしいウェッジ

今年のイチ推しは? ──

3月10日に発売されたばかりのウェッジ「DJ-33」の特徴は、従来モデルと比べてワイドソールになっています。ワイドソールのやさしいウェッジといえば、単に真っ直ぐ構えて真っ直ぐ打つイメージを持たれている方が多いと思うのですが、この「DJ-33」は、ただやさしいだけではなく、その人の技も活かすことができます。例えば、バンカーやグリーン周りで、ボールを少し上げて止めたい時などでは、フェースを違和感なく開くことができます。ワイドソールですが凄く抜けが良く、上級者の方でも十分に使っていただけるやさしいウェッジです。

ラインナップについて ──

業界でも非常に珍しく、ロフト角が41°から60°まで9種類をラインナップしています。なぜこのように多くのロフトを用意したかというと、元々ウェッジとアイアンでは重心位置が異なるなど作り方が全く異なります。特に最近のアイアンは、ロフトが立ったモデルが多く、それに対応するため、より多くのロフトを用意しました。8番アイアンや9番アイアンの代わりに「DJ-33」を使うことにより、通常のアイアンではボールが止まらず、グリーンをオーバーしそうな場面で、高いスピンコントロール性能によって、ボールをピタッと止めることが可能になります。
同じロフトでも通常のアイアンと比べると、スピン量が多いので少し飛距離は落ちるのですが、やはり距離感が合わせやすいことがメリットです。ワイドソール設計でやさしいウェッジなのですが、ただやさしいだけでなく抜けも大変良いので、アベレージゴルファーはもちろん、上級者やシニアプロなど、幅広いゴルファーにお使いいただけるウェッジです。

他には? ──

かなり目立つクラブだと思うのですが、いわゆるアイアン型UT「HI877」をご紹介。5番アイアンや6番アイアンの代わりに使っていただくことで、低重心設計によりボールも上がりやすく、高さを出してボールを止めたい砲台グリーンを狙う時などに最適なクラブです。
品番の「877」(バナナ)にちなんでメインカラーが黄色になっています。さらに、ヘッドカバーがバナナの皮をむくように開きます。実は、その昔一世を風靡した「タラコ」を設計したのは、フォーティーン創業者の竹林です。従来モデルを「タラコ」と呼んでいたように、現代版タラコ「HI877」の愛称は「バナナ」と皆さんに呼んでいただきたいと思っています。

フォーティーン フォーティーン

スマゴルスタッフの感想

41°のロフトは、通常の9番アイアンくらいのロフトにあたります。実際、ツアープロの中には、40°台のウェッジを含め、3〜4本のウェッジをバッグに入れているプロも増えてきています。アマチュアゴルファーでも、距離感やスピンコントロールという意味で、おすすめできる選択肢の1つだと思います。

TOPへ戻る ↑

サソーグラインド

サソーグラインドスポーツ

サソーグラインド サソーグラインド
サソーグラインドスポーツ株式会社
代表取締役

佐想 光廣 さん

シャフトのねじれとしなりをコントロールして
飛距離アップを実現

今年のイチ推しは? ──

今回は「SASO RRR DRIVER」と「SASO RRR α FAIRWAY WOOD」をおすすめします。このドライバーとFWは、簡単に言うと、投手の腕の振りや釣り竿をキャスティングする時と同じように、スムーズなスイングで振り抜けることです。シャフトに余分な捻れを生じさせにくい設計のクラブで、ヘッドスピードが35m/sさえあれば、簡単にボールが上がり、真っ直ぐ飛ぶように設計されています。

「SASO RRR DRIVER」について ──

試打する際は、ヘッドスピード60m/sの方の場合でも、1番軟らかいシャフトの「4R1」から打ってみてください。このクラブは、ヘッドスピードが35m/sくらいの方を想定したシャフトなので、とても柔らかく感じられると思います。次に「6X」を試打していただいても同様です。意外に真っ直ぐ飛んで、フェースにしっかりのった良い音と同時に飛距離を感じ取ることができます。要は、自分にとってタイミングが取りやすいシャフトはどれなのかということなのです。インパクトが同じであれば、シャフトがしなればしなるほどボールは飛んでいきますので、まずは自信満々に軟らかいシニア・レディース向けクラブから試打されることをおすすめします。

「SASO RRR α FAIRWAY WOOD」について ──

「SASO RRR DRIVER」を試打した時の感覚・イメージを持ったまま、この「SASO RRR α FAIRWAY WOOD」も、軟らかいRシャフトの3番から試打してください。普通なら、トゥーダウンしたりフェースが開いたりしてボールが散るのですが、「SASO RRR α FAIRWAY WOOD」では、ほぼ真っ直ぐに飛んでいきます。3番FWでも5番FWのようなやさしい感覚を実感できるはずです。先日もステップアップツアーのとある試打の場で、3番FWに苦手意識を持っている多くのアマチュアゴルファーやプロにも、「何でこんなに簡単なの?」というコメントを頂きました。UTもご用意しておりますので、ぜひ、お試しください。

サソーの取り組み ──

通常のドライバーというのは、慣性力の影響下でショットしています。その慣性力とは加速運動をしている中で、物体の運動に表れる力やカーブを曲がる際の外側にかかる力など、自分の意志とは関係なく勝手に発生します。意志と無関係に発生するヘッドの慣性力(シャフトにトルクを与える)を抑制し、加速度が最大である切り返しから、加速度0のトップスピードでインパクトを迎えることで、真っ直ぐな力強い打ち出しができるということです。SASOは徐々にモデルチェンジしながら、より物理のゴルフに取り組んでいます。

サソーグラインド サソーグラインド

スマゴルスタッフの感想

実際に試打させていただきました。柔らかい40g台のRシャフトでは気持ち良く振り抜けるのですが、60g台のXシャフトになると余分な力が入って、スムーズなスイングができず、振り抜くことが出来なくなりました。Xシャフトだから振らなければいけないといった意識が問題なのですね。ドライバーを選ぶときは、自分にとってタイミングの取りやすいシャフトを選びましょう。

TOPへ戻る ↑

ポートウィック

ポートウィック

ポートウィック ポートウィック
株式会社ポートウィック
プロゴルファー

小林 秀平 さん

オープンスタンスもオープンフェースもいらない
画期的なウェッジ

今年のイチ推しは? ──

今回は「The Wedge Bounce Magic S58・A52」を出展いたしました。このウェッジは、バンカーショットなどでフェースを開く必要がなく、ソールが全て仕事をしてくれる画期的なウェッジです。

特徴は? ──

従来のウェッジは、センター部分のバウンス角が高くヒール側が低くなっていますが、この「The Wedge Bounce Magic S58・A52」は、センター部分よりもヒール側のバウンス角が高くなっているのが最大の特徴です。これはバンカーショットの際、ソール全体のバウンスを使うのではなく、センターからヒール側にかけての高いバウンス角を使えるように設計されています。ヒール側のバウンス角が高い分、どうしても重量がヒール側に寄りすぎてしまうので、背面に3つの穴を設け、適正な重量配分に仕上げました。通常のサンドウェッジの場合、地面にポンと置くとトゥーが勝手に閉じる方向に回転しがちですが、このウェッジは回転しません。 そのことから言えるのは、トゥーが返りづらいということ。トゥーが返ってしまうと、せっかくのバウンスが使えません。この点も「The Wedge Bounce Magic S58・A52」の特徴です。

フェースを開かなくてもボールが上がる ──

他メーカーのサンドウェッジでは、開いても使えるようヒール側のバウンス角を低くしたモデルが多いようです。ところが「The Wedge Bounce Magic S58・A52」は、フェースを開かなくてもボールが上がります。バンカーが苦手な方や、フェースを開くのは難しいという方におすすめのウェッジです。また、簡単にバンカーから脱出できるということで、多くの女性からも好評を得ています。多くの女性の場合、重たいクラブを避ける傾向にあります。しかし、クラブにある程度の重量がないとドンッと打ちにくいので、ご年配の方や女性にも、バランスの合ったシャフト選ぶことで無理なく使っていただけます。

他には? ──

「The Wedge Bounce Magic TE58」というウェッジを、2017年6月から発売を予定しております。このウェッジは、これまでのものとはバウンスが全く異なり、バウンスが3つある奇面形状になっているのが特徴です。型番の「TE」は「triple explosion」の意味で、このモデルはどちらかと言えば上級者向けです。ショット時にフェースの開閉を操作したい方やショットに遊び心を求める方に最適です。

ポートウィック ポートウィック

スマゴルスタッフの感想

アプローチショットは、バウンスを上手く使うことが大切です。トゥー側の入り方が悪いと「チャックリ」してしまったりします。それを避けるには、ヒール側のバウンスを上手く使いこなすことが、アプローチショットを成功させる要因でもあります。また、バンカーショットは、大げさに言うとダフリたいわけですよね。そのためにセンターからヒール側にかけて、高いバウンス角を使えるように設計されたこのウェッジは、バンカーショットやアプローチショットが苦手な方の救世主になるかもしれませんね。

TOPへ戻る ↑

関連記事

馬場ゆかりのワンポイントレッスン

馬場ゆかりのワンポイントレッスン

2011年「日本女子オープン」で優勝を果たすなど、女子プロゴルフ界を代表するツアープロ、馬場ゆかりプロがゴルフの様々な場面におけるテクニックを伝授!

3カ月でコースデビュー! 〜初心者のためのゴルフレッスン〜

3カ月でコースデビュー!〜初心者のためのゴルフレッスン〜

全18回にわたって行うゴルフに必要な基礎的なレッスン。スイングの細かい項目を理解して3カ月でコースデビューを目指そう!

杉ちゃんの1ランクUPゴルフ!

杉ちゃんの1ランクUPゴルフ!

2017年2月22日に開催されたスペシャルイベント。プロキャディー杉澤伸章さんと一緒にラウンド形式によるレッスンで、コースマネジメントの極意を学びます!

ページの先頭へ
ページの先頭へ