トレーニング特集
自宅でできるバランストレーニング
自宅でできるバランストレーニング その1
自宅でできるバランストレーニング その2
自宅でできるバランストレーニング その3
自宅でできるバランストレーニング その3
まずは座って、両足を上げてお尻を軸にしてバランスを取ります。
この体勢を維持しながら目線を正面に、片手ずつクラブをローテーションしていきます。
これを10回くらい3セット行うことにより、体幹と力の抜けた上半身のローテーションをつくることができます。
応用編として、目をつぶって行うことで、目で見て中心軸を取っていたものが、感覚的に自分の中心軸を取ることになり、より実践的なトレーニングになります。
動画を見る
おすすめストレッチへ戻る
まずはバランスボールに座り、利き足ではない方の足を上げ、クラブを握ります。
足を上げた状態を保ったまま、身体を左右にひねります。この時にインナーマッスルと言われる腹斜筋や腹横筋や、足を上げているので、腸腰筋が鍛えられます。
ひねりが入ることにより、中殿筋が鍛えられます。中殿筋は、体が横に動かないように耐える筋肉で、左右のスウェーを防ぐために大変重要な筋肉の一つです。上げている左右の足を交代しながら行ってください。
動画を見る
おすすめストレッチへ戻る
まずは体操座りになって、バランスボールを足ではさみます。
バランスボールをはさんだまま、体を横にして足を上げます。
はさんだバランスボールを両足でしっかりとプレスしたまま、左右にひねります。そうすることで、内転筋を鍛えることができます。また、足を上げているので、腹筋や腸腰筋も鍛えることができます。
応用編として、何度か左右に振ったら、今度はバランスボールを両手でタッチします。この腹筋を行うことで、腹直筋を鍛えることができます。
動画を見る
おすすめストレッチへ戻る
「白樺のポーズ」と呼ばれるバレイのためのポーズで、まずはつま先をできるところまで広げていきます。
つま先が水平になるまで広げると、耳の下に肩がきます。また、肩の下に足の付け根、足の付け根の下に膝の内側が、さらに内くるぶしがきます。その5ヵ所が真っ直ぐ揃うことにより、重力に対して真っ直ぐに立てていることになります。
その5ヵ所を意識して膝立ちになります。この姿勢を保ったまま手を付きます。その時、肩の真下に手があること、腰の真下に膝があることを確認して、この状態から背中を丸めていきます。
今度は、肩甲骨の位置を保ったまま、背骨を反らせていきます。これを繰り返すことにより、背骨から肩甲骨、骨盤の傾きなど体幹の部分が正しくセットされ、柔らかい体幹を作ることができ、姿勢も良くなります。
動画を見る
おすすめストレッチへ戻る
生年月日
出身地
資 格
主な活動
1984年1月2日生まれ
岐阜県
2007年 USGTF取得
2011年 日本体育協会 スポーツプログラマー資格取得
アメリカや沖縄、地元の岐阜でレッスン活動後、ゴルフアカデミー中島のヘッドインストラクターとして参加。ジュニアからアマチュアまで、わかりやすいレッスンに定評がある。
ページの先頭へ
ページの先頭へ