グリップ特集

株式会社STM

星型の出っ張りと豊富なカラーバリエーションで人気の「STMグリップ」。異硬度2層構造と呼ばれる特許技術で業界を驚かせた、新感覚グリップの製造現場を訪ね、製造工程からグリップの選び方、グリップフィッティングのことまで、その全てをお聞きしました!

「ゴルフグリップ AtoZ」Vol.2

2017年8月30日 更新

STMグリップについて

妥協を許さないモノづくりで、究極の性能を持つグリップを提供

妥協を許さないモノづくりで、究極の性能を持つグリップを提供 異硬度2色成型構造が実現した、ねじれの無いソフトなグリップ。グリップに求められるものは、フィット感が良く、滑りにくい(ねじれの無い)こと。しかし、フィット感を求めると、インパクト時のねじれ(トルク)が大きくなり、結果、方向性が悪くなります。またねじれを抑えることを重視すると、フィット感が悪くなります。この矛盾ともいえる難題をクリアするために、STMは独自技術「異硬度2色成型構造」を生み出しました。例えるなら、ゴム系グリップのフィーリングの良さと樹脂系グリップのねじれの無さ、この2つの良い点を高いレベルで組み合わされたグリップが今、完成しました。一見、不可能と思われる技術にも妥協なく取り組む。STMが生み出すグリップが、ベストスコアに挑む全てのゴルファーの方々のベストパートナーとなることを願っています。

S-series S-1・S-1 PROTO〈方向・安定性重視〉

ねじれが少なく比較的右手(レフティは左手)を使うタイプにオススメ!
飛びを変える「異硬度2層構造」がグリップの常識を変える。
星型土台は滑りの軽減にも効果を発揮します。1層目の399個の星型土台を硬くすることで、インパクト時のねじれを軽減。また、2層目の表面を柔らかくすることで、手に吸い付くようなフィット感を実現。星型土台と表面の柔らかさでねじれを抑え滑りにくく、かつフィット感のある仕上がりに。エラストマー樹脂なので雨や汗に強く、濡れても拭くだけで元のパフォーマンスを発揮してくれます。従来のコード入りラバーグリップのような柔らかいフィット感と、トルクを抑えた高機能樹脂グリップを世界で初めて実現しました!【特許・実用新案取得済】

1.トルクを軽減
内側が硬く(ビッカース硬度60〜65)、外側が軟らかい(ビッカース硬度33〜35)樹脂でできており、インパクト時のグリップのトルク(ねじれ)が軽減されます。
※ピッカーズ硬度とは、物の硬さを表す尺度の1つです。
グリップの硬さについて ⇒
2.耐久性に優れたグリップ
399個の星の滑り止め(0.2mm高の突起)とグリップ表面のサンド加工によるしっかりとしたホールド感、さらにディンプル(溝)を無くし、水や汗もサッと拭くだけで元通り。これまでにない耐久性に優れたグリップが誕生。
3.手に吸い付くようなフィット感
星型を含む1層目の樹脂は硬め、2層目(表面)の樹脂は軟らかめで、今までにない手に吸い付くような握り心地。プレー中のパフォーマンスを高めます。
S-series S-1

S-series S-1

「S-series S-1」星型の拡大写真

「S-series S-1」星型の拡大写真

「S-series S-1」グリップエンド

「S-series S-1」グリップエンド

S-series S-1 PROTO

S-series S-1 PROTO

SPEC

重 量 口 径 素 材 バックライン 定 価
(S-1)46g ±1g
(PROTO)46g ±1g
M60 エラストマー あり・なし オープン

COLOR:
【S-series S-1】BLACK/GRAY・BLACK/YELLOW・BLACK/IVORY・BLACK/L,BLUE・BLACK/RED・BLACK/L,PINK・NAVY/L,BLUE
【S-series S-1 PROTO】BLACK/BLACK・BLACK/GREEN・D,NAVY/WHITE・C,RED/WHITE

TOPへ戻る ↑

T-series T-1・T-0〈フィット感重視〉

とにかく握り心地を求めるタイプにオススメ!

手になじむ握り心地
スタッドレスタイヤをイメージした独自の溝パターン。
さらに細かなエンボス加工を施し抜群の滑りにくさを実現。
軟らかく手によくなじみ最高の握り心地。
右手部分がやや太く握りやすい仕様。
雨や汗に強く拭くだけで、元のパフォーマンスを発揮します。
T-series T-1

T-series T-1

エンボス加工が施されたグリップ表面

エンボス加工が施されたグリップ表面

T-series T-0

T-series T-0

SPEC

重 量 口 径 素 材 バックライン 定 価
(T-1)50g ±1g
(T-0)39g ±1g
M60 エラストマー あり・なし オープン

COLOR:
【T-series T-1】RED・NAVY・WHITE・BLACK
【T-series T-0】BLACK/RED・RED・BLACK/RED

TOPへ戻る ↑

M-series M-1・M-2・M-3〈機能性重視〉

S-seriesとT-series両方の良さを求めるタイプにオススメ!
STMプロフェッショナルモデル「攻め」のゴルファーへ、ツアープロが監修しました。こだわりの硬度を追求し、粘りつくようなフィット感を体感してください。
従来品と比較して、コストパフォーマンスにも優れたグリップです。プロも同じデザインのグリップを使用しています。(プロ専用タイプ)

トーナメントプロ監修モデル
プロを満足させたこだわりのグリップ形状。
抜群のフィット感
表面・裏面でグリップパターンを変えることで、粘りつくようなフィット感を実現。
汗や雨に強いグリップ
ウェットな環境でもタオルで拭くだけで、粘りのあるグリップ力が戻ります。
重量感
50gの重量感があるグリップがスイングを安定させます。
さらにM-3は内側2重構造
外側/軟質樹脂・内側/硬質樹脂
M-3とはLPGA優勝経験を持つSシリーズの機能をプラス。2重構造機能を成功させねじれをさらに軽減。
M-series M-1

M-series M-1

M-series M-2

M-series M-2

M-series M-3

M-series M-3

SPEC

重 量 口 径 素 材 バックライン 定 価
50g ±1g M60 エラストマー あり・なし オープン

COLOR:
【M-series M-1】BLACK
【M-series M-2】BLACK/RED・RED・BLUE・WHITE・YELLOW・ORANGE
【M-series M-3】BLACK/BLUE・NAVY

TOPへ戻る ↑

ツアーサポート

ツアーサポート 実際ツアーサポートでも、選手の好みや要望を聞きながら、選手それぞれの好み・要望に沿った、いわゆる“プロトタイプ”を仕上げます。新製品のテストやプロトタイプ製造で得た様々なデータ・ノウハウを、新製品の開発に活かしています。サポートというのは、宣伝だけが目的なのではなく、プロトタイプをつくりながらテストしているということです。完成したプロトタイプをプロが試し、結果が良ければ採用しますが、色落ちしたり滑りやすかったりした場合は改良を加えます。そう言った意味でも、プロのサポートは絶対に必要です。一般的には、“プロに使ってもらうことで話題になって売れる”と思われがちですが、実は開発側にとっては違う意味合いがあるということです。あくまでも製品クオリティを上げる為に、最初は評価がハッキリと出るプロに意見を聞き、次に一般のゴルファーから意見を聞いています。ですから市販品のグリップは、このような何段階ものプロトタイプでのテストをクリアし、最終的に完成した製品ということです。言い方を変えれば、プロトタイプ=試作品をプロたちが使用していて、完成品を使っている訳ではないのです。

STMの展望

STMの展望 STMは、新しい製品を開発するということが将来ビジョンであり、今ある製品を永く販売し続けたいとは思っていません。ですから、古いモノにとらわれるのではなく、全て新しいモノに切り替えていく。確かに、既存の製品を永く生産し、永く販売するという商売の仕方もあるかとは思いますが、それでは新しい製品が生まれません。STMは、グリップ業界に後から参入しましたので、他社と同じように一度ヒットした商品を何十年も販売しようとは考えず、その製品ができるきっかけがあれば次の新しい製品開発に役立て、さらに新しい製品づくりに繋げていきます。新製品の開発には1年・2年といった時間が必要ですので、常に試作とテストを繰り返し行っているのが現状です。これからも開発費を惜しみなく使い、新しい製品を開発し続けていきたいと考えています。
昔からゴルフには様々なゴルフ理論がありますが、その今あるゴルフ理論を否定していくのではなく、新しいゴルフ理論を肯定していく方が素敵だと思いますね。当然、自分たちもプレーヤーでもあり、グリップ開発を進めていく中でプレーを基準に考えます。どのようにすればパフォーマンス性の高いモノが創り出せるかを最優先にしています。

■取材協力

株式会社STM株式会社STM
住所/〒558-0041 大阪府大阪市住吉区南住吉1-4-13
TEL/06-6608-8001

HP/http://www.stmgolf.com/

妥協を許さないモノづくりで、究極の性能を持つグリップを提供する。

グリップに求められるものは、フィット感が良く、滑りにくい(ねじれの無い)こと。しかし、フィット感を求めるとインパクト時のねじれ(トルク)が大きくなり、結果、方向性が悪くなります。またねじれを抑えることを重視すると、フィット感が悪くなります。この矛盾ともいえる難題をクリアするため、STMは独自技術「異硬度2色成型構造」を生み出しました。例えるなら、ゴム系グリップのフィーリングの良さと、樹脂系グリップのねじれの無さ、この2つの良い点を高いレベルで組み合わされたグリップが今、完成しました。
一見、不可能と思われる技術にも妥協なく取り組む。STMが生み出すグリップが、ベストスコアに挑む全てのゴルファーの方々のベストパートナーとなることを願っています。

TOPへ戻る ↑

ページの先頭へ

ページの先頭へ
ページの先頭へ