ゴルフシャフトメーカー

USTMamiya特集

USPGAツアーや欧州ツアー、そして日本ツアーなど、世界で戦うツアープロから絶大な支持を得ている「USTMamiya」。今回は、リシャフト市場でも、その洗練されたデザインと革新性で高い人気を誇る「USTMamiya」のシャフトの魅力に迫ります!

USTMamiya特集

2018年1月17日公開

USTMamiya 製品紹介 〜For Fairway Wood & Utility〜
  • 製品紹介一覧
  • For Driver
  • For Fairway Wood & Utility
  • For Iron & Wedge

AUGA g FW

AUGA g FW

USTMamiyaがお届けする最高峰のシャフト“AUGA(オウガ)”シリーズ
極上の進化を遂げ、未体験の飛距離をFWにも

AUGA g FW “AUGA g”には、ドライバー用のシャフトとは別に、フェアウェイウッド専用シャフト“AUGA g FW”もラインナップしています。

ドライバー用シャフトとの大きな違いは、フェアウェイウッドの用途として地面からボールを直接打つことにあります。そのことから、特に先端部に関しては、あたり負けしないよう設計されているところです。あたり負けしないとは言っても、単純に先端部を硬くしたのではなく、全長に採用した高弾性90tシート(40g台は全長に高弾性80tシートを採用。)がインパクト時のロスを最小限に抑え、エネルギーの大半をボールに伝えるために、重量・フレックスごとにシャフトのしなり量を設計することで、フェアウェイウッドに必要な、ボールの「つかまり」と「上がりやすさ」を実現しました。

TOPへ戻る ↑

←「製品紹介一覧」へ戻る

ATTAS FW IP BLUE/ATTAS HY IP BLUE

ATTAS FW IP BLUE For Fairway Wood/ATTAS HY IP BLUE For Utility

USTMamiyaが世界で初めて採用した、4軸織物を先端部に使用した
フェアウェイウッド専用シャフトとユーティリティ専用シャフトが復刻!

ATTAS FW IP BLUE For Fairway Wood/ATTAS HY IP BLUE For Utility フェアウェイウッド・ユーティリティ専用シャフトのご紹介の前に、一般的にドライバー用のシャフトをフェアウェイウッドに使われているゴルファーも少なくないかと思います。そのこと自体は全く問題ないのですが、メーカーの推奨としては、ぜひ「シャフトの先端をカット」してください。シャフトの理論上、3Wはドライバー用シャフトの先端を0.5インチカット、5Wではさらに0.5インチカット、7Wはさらに0.5インチカットという具合であれば、シャフトの流れが整います。もちろんヘッド重量や様々な要素が加わりますので、あくまでもシャフト長だけを考えた場合です。

この“ATTAS FW IP BLUE”は“AUGA g FW”と同様に、地面からボールを直接打つことも想定したフェアウェイウッド専用設計のシャフトです。ですから、3Wの場合はそのままノンカットで、5Wで0.5インチカット、7Wではさらに0.5インチカットとなります。フェアウェイウッド専用設計のシャフトなので、先端部はあたり負けしないようしっかり感がコントロール性を高めます。4軸織物を採用したメリットは、タテ・ヨコ・ナナメのあらゆる方向に均一で高い剛性を保つことですが、一方では軽く仕上げられないといったデメリットもあります。4軸織物を採用し、先端部がしっかりしているという点においては、飛距離性能も備えつつもどちらかと言えば、方向性能に優れたシャフトです。

ユーティリティ専用シャフト“ATTAS HY IP BLUE”は、同じ「IP」シリーズの流れで、先ほどの“ATTAS FW IP BLUE”のコンセプトや基本設計を踏襲しており、さほど大きな違いはありません。フェアウェイウッド専用シャフトとユーティリティ専用シャフトの一番の違いは、シャフト先端部の径の大きさ(太さ)にあります。ちなみに、ドライバー専用シャフトやフェアウェイウッド専用シャフトの場合は、先端部の太さが同じであるのが一般的なのですが、ユーティリティ専用シャフトでは9mm・9.1mmであったり、アイアン専用シャフトは9.3mm・9.4mmといったように、少しずつ径が太くなっていきます。“ATTAS HY IP BLUE”の先端部の口径をインチで表すと「0.355インチ(9.01700mm)」となり、最近のユーティリティ(ヘッド)で多くのメーカーが採用しているサイズです。シャフト特性も“ATTAS FW IP BLUE”と同様に、比較的先端部がしっかりしていて、全体に張りがある「振り感の良い」シャフトです。

フェアウェイウッド・ユーティリティ専用シャフトには、これら“ATTAS FW IP BLUE”・“ATTAS HY IP BLUE”の他にも“ATTAS EE・ATTAS EZ”といった、“FW IP BLUE”・“HY IP BLUE”よりも先端部が動き、高弾道で飛距離性能に優れたモデルもあり、方向性やフィーリングの“ATTAS FW IP BLUE”・“ATTAS HY IP BLUE”と、飛距離性能に優れた“ATTAS EE”・“ATTAS EZ”の2タイプです。どちらのモデルも共通して、フェアウェイウッドとユーティリティで同じ振り感を得られるよう設計されているところが、一番のアピールポイントなので、「FW IP BLUEにはHY IP BLUE」「EEにはEZ」といった具合に組合わせてお選びいただくのがオススメです。この“ATTAS FW IP BLUE”・“ATTAS HY IP BLUE”は、最新の9代目“ATTAS CoooL”との相性もバッチリなので、ぜひ一度お試しください!

TOPへ戻る ↑

←「製品紹介一覧」へ戻る

ページの先頭へ
ページの先頭へ