ゴルフシャフトメーカー

USTMamiya特集

USPGAツアーや欧州ツアー、そして日本ツアーなど、世界で戦うツアープロから絶大な支持を得ている「USTMamiya」。今回は、リシャフト市場でも、その洗練されたデザインと革新性で高い人気を誇る「USTMamiya」のシャフトの魅力に迫ります!

USTMamiya特集

2018年1月17日公開

ゴルフシャフトの現状

一般市場でのシャフトの現状・傾向

ゴルフシャフトの現状 ほとんどのシャフトメーカーの主要スペックは「6S」ですが、最近は「5S」にシフトダウンする傾向にあります。おそらく次の“ATTAS”からは、「5S」がメインになるのではないかと思います。

アジア市場について言えば、例えばお隣の韓国での主要スペックは「5R」なのです。韓国では、体格のしっかりした一般男性ゴルファーでも「5R」のシャフトを使っていたり、それは競技ゴルファーでも同様で、「X」よりも「S」が多くなる流れがあります。「R」シャフトのRは「軟らかい」ではなく「レギュラー」のRですので、それが本来基準なのです。一方の「S」シャフトのSは「硬い」であって、「X」においては「さらに硬い」シャフトということです。

アジアやアメリカなどの海外では、まず「R」シャフトが基準で、それより「軟らかい」か「硬い」かであって、日本は何故か「S」シャフトが標準というような風潮がずっと続いてきました。どちらかと言えば日本では、いかに「重い」「硬い」シャフトを使って、いかに「ロフトが立った」ヘッドを使うかが、ステイタスになっていた傾向が強くみられたのも事実です。特にアイアンのシャフトでは、コスト云々の問題もありますが、オーバースペックのスチールのシャフトを使っておられる場合が多く、無理をされているゴルファーが多いのも日本の特徴です。そういう意味では、シャフトのことをよく知っていて、自分自身をよく知っているのが、日本を除いたアジアの国々のゴルファーであり、シャフトの「R」と「S」を上手に選ばれる印象があります。

日本国内のみならず世界的にゴルフ産業も成熟期を迎え、各メーカーや工房が独自のフィッティングシステム・機能を備えており、一般のゴルファーに正しいゴルフ道具の選び方を訴えかけていけるかがカギとなっています。ある意味では、その「フィッティング」が、お客さまの嗜好や理想を否定することもあるかとは思いますが、最終的にお客さまにとってベストな道具をご提供することが、シャフトメーカーの努めであると考えております。

スチールシャフトからカーボンシャフトに変更するメリット

一般的にカーボンシャフトにするメリットは、「肘への負担軽減(衝撃吸収性)」「ボールが上がりやすい」「スピン性能が高い」だと思いますが、本質的に一番のメリットは、ゴルフで重要な「振り感」が統一されるところにあります。例えば、ドライバーからアイアン・ピッチングウェッジまでを同じ炭素素材(カーボン繊維)で揃えることにより、「バックスイング〜切り返し〜インパクト〜フィニッシュ」といった振り感を調整しやすくなります。全てのゴルフクラブにおいて、ほぼ同じ振り感を表現しようとした場合、最も最適なのがカーボンシャフトではないでしょうか。

多くのアベレージゴルファーの皆さんも、ドライバーはカーボンシャフトですがアイアンはスチールシャフトをお使いです。ドライバーはドライバーの打ち方が、アイアンはアイアンの打ち方が必要になり、そこでどうしても振り感の違いを感じているゴルファーも少なくないはずです。もちろん、ドライバーはティーアップして打つので、多少打ち方は変わってきますが、振るタイミングやフィーリングに関して言えば、振り感を揃えることにより、その違和感を減らすことが、スムーズで心地良いスイングへの近道だと思います。

スチールシャフトからカーボンシャフトに変更する時の注意点

ゴルフシャフトの現状 例えば、スチールシャフトで“NS950 S”(約95gとして)と同じ重量帯のカーボンシャフトの“ATTAS IRON 10S”で重量や振動数を合わせた場合、数値はほぼ一緒でもカーボンシャフトの方が硬く感じます。カーボンシャフトが硬く感じる理由としては、シャフトの肉厚の問題が大きいと思われます。比較的軽量で肉厚が薄いスチールシャフトと比べると、カーボンシャフトを重くするには、どうしてもある程度の肉厚が必要で、肉厚な分だけ切り返しでのシャフトの動きが少ないことが、重く感じたり硬く感じるのでしょう。そのような意味からも、スチールシャフトからカーボンシャフトに変更する時は、スチールが“NS950 S”ならばカーボンは“ATTAS IRON 80S”といった具合に、少しシャフト重量を下げることをオススメします。その方が、今までのスチールシャフトとの感覚が近くなるので、違和感なくカーボンシャフトへ移行できます。

TOPへ戻る ↑

ページの先頭へ
ページの先頭へ