ゴルフシャフトメーカー

USTMamiya特集

USPGAツアーや欧州ツアー、そして日本ツアーなど、世界で戦うツアープロから絶大な支持を得ている「USTMamiya」。今回は、リシャフト市場でも、その洗練されたデザインと革新性で高い人気を誇る「USTMamiya」のシャフトの魅力に迫ります!

USTMamiya特集

2018年1月17日公開

ゴルフシャフトの現状

フィッティング現場での状況(ATTAS)

ゴルフシャフトの現状 表記上、どちらかと言うと“粘り系”になる“ATTAS PUNCH”の人気が高い印象です。従来の“粘り系”シャフトは、どうしても力のあるハードヒッターに好まれる傾向にありますが、この“ATTAS PUNCH”は、比較的パワーがない方でも良い結果が得られることが多いので、多くの方にオススメしています。
ただし「飛距離性能」に関して言えば、やはり“ATTAS G7”が「一番飛ぶ」のではないでしょうか。最新の“ATTAS CoooL”も優れた飛距離性能を備えていますが、総合的に判断すると“ATTAS G7”のほうが良い結果が出ているのが現状です。もちろん、ご自身のスイングタイプやパワーによっては、“ATTAS CoooL”に軍配が上がることも少なくありません。


USTMamiya 製品紹介「ATTAS」はこちら ⇒

フィッティング現場での状況(AUGA)

ゴルフシャフトの現状 ATTASシリーズは以前から注目が集まっているので、お客さまからの要望で試打やフィッティングをする機会も多いのですが、皆さんにぜひ試していただきたいのが“AUGA”です。このAUGAには、初代“AUGA”と2代目の“AUGA g”の2種類あるのですが、特にご年配の方や女性の方には、“AUGA g”がオススメです。個人的には、ドライバーとフェアウェイウッドのシャフトは同じほうが良いと考えています。実際、お客さまにフィッティング等で試打していただくと、好印象を持たれ、ドライバーからフェアウェイウッドまでの3〜4本をこのAUGAで揃えられる場合もよくあります。“AUGA”はATTASシリーズとは違いゴルフ工房専用(登録店のみ)シャフトなので、価格はATTASシリーズと比較しても少し高くはなりますが、良いシャフトはお値段が少々高くなっても当然のことなので、ご要望をお聞きしながらですが自信を持ってオススメしています。同じ60g台のSシャフトでも少しマイルドな味付けで、ATTASシリーズよりもやさしく打ちやすいシャフトですので、楽に大きな飛距離が得られるのがAUGAシリーズの特徴の1つです。

USTMamiya 製品紹介「AUGA」はこちら ⇒

フィッティング現場での状況(アイアン用カーボンシャフト)

ゴルフシャフトの現状 最近になって、多くのシャフトメーカーさんからアイアン専用カーボンシャフトが発売されるようになり、興味を持たれフィッティングされる方も増加する傾向にあります。しかし実際は「まだアイアンにカーボンシャフトは…」とおっしゃる方が多く、「カーボンシャフト=力が弱い=上手くない」といったようなイメージを持たれるようです。“ATTAS IRON”を始め、最近のアイアン専用カーボンシャフトは格段に進化しており、飛距離のバラツキといった問題もスチールシャフトと変わらないかそれ以上で、やさしく楽に安定した飛距離で打てるようになってきました。アイアンヘッドには、キャビティの大型化などといった構造的な「やさしさと飛距離」を求めるのに対し、なぜか未だに多くの方が、アイアンのシャフトは相変わらず硬くて重い、決してやさしくはないスチールを選ばれます。アベレージゴルファーの多くが、クラブヘッドやウッド系クラブのシャフトに「やさしさと飛距離」を求めるのと同じように、アイアンのシャフトに「やさしさと飛距離」を求めるとするならば、明らかにカーボンシャフトのほうがやさしく楽に打てて、コンスタントに飛距離も伸びるはずです。ですから、普段お使いのアイアンでお悩みの方は、一度アイアン専用カーボンシャフトを試されてはいかがでしょうか。

USTMamiya 製品紹介「アイアン用カーボンシャフト」はこちら ⇒

女子プロゴルファーの飛距離について

最近の女子ツアーでのドライビングディスタンスに驚きの声が多く聞かれるのですが、もちろん、計測ホールに設定されるのが若干ダウンヒルが多いのも事実です。ただし、噂で耳にするような、「落下地点を固めている」や「芝を極端に短く刈っている」などというのは、コース管理の方々に聞いたところでは、現実的に不可能とのことです。男子プロゴルファーの高く大きなキャリーというよりは、女子プロゴルファーならではの中弾道で、早めにボールを着地させることにより、そこから大きなランで飛距離を稼ぐというのが、女子プロゴルファーの飛ばしの秘訣ではないでしょうか。中には、男子プロゴルファーさながらの高く大きなキャリーで飛ばす選手もいますが、基本的に女子プロゴルファーは大きなランで飛距離を伸ばす方が多いです。どうしても気になる方は、ツアーを生で観戦されて、目の前でツアープロのティーショットをご覧になってみてはいかがでしょうか。

元プロ野球選手やドラコン競技選手のシャフト

ゴルフシャフトの現状 元プロ野球選手は、兼ね備えた体力・筋力が一般人と違いますので、ドライバーのシャフトでは普通に「6X」とかを使われる方が多いです。そのようなハードヒッターの方でも、最近では、フィッティングの結果としてドライバーのシャフトに「5X」を選ばれ、3Wや5Wでも同様にシフトダウンしたシャフトで、ドライバーの飛距離も伸び、これまでよりもコンスタントに良いスコアでラウンドされる傾向にあります。絶対的に言えるのは、クラブが軽いとヘッドスピードが速くなるので、おのずと飛距離は伸びていきます。とは言うもの、元プロ野球選手の中にも、クラブを力一杯振っていくタイプとそうでないタイプがあり、ガチガチの硬いシャフトを好まれる方とシャフトのしなりを感じたい方に分かれます。体力・筋力・飛距離と言えばドラコン競技も国内外問わず、盛んに行われておりますが、クラブの長さのルールが変更されたことで、今後のドラコン競技で仕様されるシャフトがどのような動きになるか注目が集まるところです。以前は各メーカーもドラコン専用シャフトを発売していましたが、ルール変更によりシャフトが短くなったことで、市販のシャフトでも十分対応できるようになり、最近では、多くのドラコン選手も市販のシャフトを少し長めに使っているようです。

TOPへ戻る ↑

ページの先頭へ
ページの先頭へ