スターバックス

これが和の京都、洋の神戸のスターバックスだ!建築目線でスターバックス探訪

コーヒーが好きだ。
けれども、雰囲気のよいコーヒー屋さんは、もっと好きだ。
元建築雑誌編集者で建築マニアの私が目をつけたのはスターバックスの2店舗。
築100年超の日本家屋を改装した「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」と、登録有形文化財でもあるレトロな洋館「神戸北野異人館店」。

スターバックスさんには悪いが、コーヒーを口実に、貴重な建築物を味わいに行ってきた。

日本家屋の美しさと粋な演出に感動!

スターバックス

朝方の京都、二寧坂にやってきた。大正時代の面影が残る、清水寺へと続く街並み。

スターバックス

その一角にある立派な日本家屋がスターバックス。
もともとは、明治時代末期に建てられた貸席用途の和風邸宅だったそうだ。

スターバックス

入口に暖簾がかかるスターバックスは、世界でも初。

スターバックス

年季の入った引き戸を開けると、小さな前庭が迎えてくれる。
茶道の流儀でいう表千家の組み方で、蹲(つくばい)を配置している。

スターバックス

この瓦は、スターバックスのロゴである人魚「サイレン」のうろこを表現。
なんて、粋な演出!
まだ入口なのに、空間設計のこだわりが凄い!

スターバックス

いざ入店すると、ス~ッっと1本、奥へと伸びる長い通路。
京都の東山花灯路に見立てたダウンライトが足もとを照らす。

スターバックス

1階に客席は少しだけ。壁には和紙を使った人魚(サイレン)のアートが飾られている。

スターバックス

美術館みたい、いや料亭みたいだなと思いながら、通り庭を歩くように進むと……

スターバックス

ぼんやり光るバーカウンターが出現!
そして、奥に広がるのは……

スターバックス

庭!
ドリンクを待ちながら庭が楽しめる。こちらの蹲は裏千家の組み方だそうだ。

スターバックス

バーカウンターのやさしい灯りは行灯(あんどん)をイメージしている。
壁のアートワークも素敵だ。
エスプレッソを清水の美しい流れに見立てて描いているとか。

注文したドリンクをむしろ、いつまでもここで待っていたくなる空間だ。

スターバックス

逆側の壁も絵になるなぁ。ロゴと暖簾がいい感じ。

スターバックス

さてさて、畳の間がある2階へ行ってみよう。

スターバックス

階段の脇に「ONEWAY/上り専用」の文字を発見。
スタッフさんに聞くと、「店内は一方通行なんです」。
通路が狭く、混雑を避けるためらしいが、なんだかクールな仕掛け。

スターバックス

さあ、2階。まずは奥の座敷から!