• 仁王門
  • 奥の院魔王殿

もっと
見る

クラマデラ 鞍馬寺

満ちあふれる自然の霊気と活力を感じよう!

770(宝亀元)年、盲目の唐僧・鑑真和上の門弟、鑑禎上人が霊夢を見て毘沙門天を本尊として創建したのが始まりで、牛若丸と天狗伝説で有名な古刹。
仁王門から本殿金堂へ至る約1キロメートルの九十九折りの参道は、清少納言が枕草子のなかで「近うて遠きもの」と著している場所。自然が満ちあふれ、凛とした美しさがあり、参道を無心で登ることで心身が洗われるよう。牛若丸がここで修行を積んだという伝説も、なんとなくわかる気が。
参道を上りきったところにある本殿金堂はひっそりと、しかしどっしりと鎮座し、境内では春は雲珠桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色と1年を通じて自然が楽しめる。
また本殿から奥に続く山道を約1時間歩けば貴船。その間に鞍馬山の自然を存分に楽しむことがでるが、木々がうっそうと茂る険しい山道なので数人での散策がおすすめだ。

続きを読む

住所 京都府京都市左京区鞍馬本町1074

Googlemapで開く

電話番号 075-741-2003
定休日 無し(霊宝殿は月曜定休)
料金 愛山費:高校生以上300円、霊宝殿:高校生以上200円 小中学生100円
アクセス 本殿まで
電車:叡山電車「鞍馬」駅から徒歩30分
サイト 総本山 鞍馬寺

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/京都市
    ジャンル
    神社仏閣
    更新日
    2017年07月04日

    TOP