1_2.jpg
1664年(寛文4年)徳川家綱公により再建された拝殿。三輪山をご神体とするため本殿がなく、拝殿を通して三輪山を拝む原初の神まつりの姿を留める。
  • 1_2.jpg1664年(寛文4年)徳川家綱公により再建された拝殿。三輪山をご神体とするため本殿がなく、拝殿を通して三輪山を拝む原初の神まつりの姿を留める。
  • 2_1.jpg昭和59年の昭和天皇の御親拝を記念して建てらてた大鳥居。
  • 3_1.jpg狭井神社で申し込み、登拝を許可している三輪山登拝口。

もっと
見る

オオミワジンジャ 大神神社

日本神話に登場する「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」を祀る日本最古の神社で、御神体は円錐形の美しい山・三輪山(みわやま)。重要文化財に指定されている拝殿奥の三ツ鳥居を通して、三輪山を拝するという古い祭祀形式が現在も残されている。
また三輪山は、古来より自然崇拝の対象として崇められてきた神秘的な山。山の木や草にまで神が宿るとされ、江戸時代までは入山が厳しく制限されていた。しかし、明治時代に登拝規則が定められ、現在は規則を遵守すれば誰でも登拝可能。希望者は、摂社の狭井(さい)神社の社務所で手続きを。
(登拝禁止日あり)
神社では毎月、祭事が開催されるため、それに合わせて訪れてみるのもおすすめ。心身ともに癒される素敵な神社。
【ご利益】 仕事・商売繁盛・健康
写真(大神神社拝殿)提供:大神神社

続きを読む

住所 奈良県桜井市三輪1422

Googlemapで開く

電話番号 0744-42-6633
営業時間 参拝自由(授与所は9時~17時)
料金 参拝料:無料
アクセス 電車:JR桜井線・三輪駅から徒歩5分、近鉄線・桜井駅からバスで三輪明神参道口下車、徒歩10分
駐車場台数 450
サイト 大神神社

◆年末年始情報

催し 1月1日1時~ 繞道祭
1月15日8時~ 大とんど
参拝時間 参拝自由
(授与所は12月31日9時~1月1日19時、1月2日7時~19時)

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    奈良/北東部
    ジャンル
    神社仏閣
    更新日
    2015年01月19日

    TOP