byou-01(sashikae)_1.jpg
池の畔に立つ阿弥陀堂。鳳凰が翼を広げているかのような風格から、“鳳凰堂”ともよばれる
  • byou-01(sashikae)_1.jpg池の畔に立つ阿弥陀堂。鳳凰が翼を広げているかのような風格から、“鳳凰堂”ともよばれる
  • byou-02.jpg雲中トランプ900円、平等院根付800円などクオリティの高い商品がショップにずらり

もっと
見る

ビョウドウイン 平等院

藤原氏ゆかりの豪華絢爛な世界遺産

平安時代の有力貴族として名を馳せた藤原道長の別荘を、永承7年(1052)に息子である頼道が寺院として改築。幾度もの戦火を逃れてきた阿弥陀堂は、10円硬貨に描かれていることであまりにも有名だ。境内の池に囲まれるように佇む阿弥陀堂の屋根には、1対の鳳凰像が据えられ、平等院のシンボルになっている。鳳凰像の実物を間近で見られるのが、境内にある平等院ミュージアム鳳翔館。極楽浄土をイメージして装飾された、阿弥陀堂の堂内に安置されていた雲中供養菩薩をはじめ、数多くの国宝を鑑賞することができる。鳳翔館にはミュージアムショップが併設され、仏像や鳳凰をデザインした多彩なグッズが種類豊富に並ぶ。

続きを読む

住所 京都府宇治市宇治蓮華116

Googlemapで開く

電話番号 0774-21-2861
拝観時間 8時30分~17時30分(受付~17時15分)、鳳凰堂内部拝観は9時30分~16時10分、鳳翔館見学は9時~17時
定休日 無休
料金 拝観600円(鳳凰堂内部拝観は別途300円)
アクセス 電車:JR・京阪宇治駅から徒歩10分
備考 ※駐車場:周辺駐車場利用
※ペット同伴:庭園のみ可
サイト 平等院
DATA
  • 身障者補助犬歓迎
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • ペット同伴
  • 売店
  • トイレ
  • 休憩コーナー

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/山城中部
    ジャンル
    神社仏閣
    更新日
    2011年06月03日

    TOP