tenmangu01.JPG
商店街、新京極通りのなかほどに鎮座する
  • tenmangu01.JPG商店街、新京極通りのなかほどに鎮座する
  • tenmangu02.JPG上部がビルにめり込んだ鳥居は京都市民ならおなじみ?

もっと
見る

ニシキテンマングウ 錦天満宮

京の台所を見守り続ける錦の天神さん

京の台所・錦市場の東端に位置する神社で、元は京都市内の別所にあったが豊臣秀吉の都市計画にともない、天正15年(1587)に現在の場所に遷座。以降、錦天満宮と呼ばれるようになり、京の台所を見守り続けている。
繁華街の中心という立地ながら、境内には「錦の水」という飲用にも適する清水が湧出しており、汲みに訪れる人も多いとか。また、ビルにめり込んだ一風変わった鳥居でも有名。鳥居の両側のビルが後から立てられて、このような姿になったのだとか。京都散策の裏名所として巡ってみるのもおすすめだ。また、もちろん、学業の神・菅原道真を祀り、商売繁盛のご利益もあるので、お参りも忘れずに。

続きを読む

住所 京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町537

Googlemapで開く

電話番号 075-231-5732
お問い合わせ窓口 錦天満宮社務所
参拝時間 8時50分~20時50分
定休日 無休
料金 参拝無料
アクセス 電車:阪急河原町駅から徒歩5分
備考 ※駐車場:周辺駐車場利用
DATA
  • 身障者補助犬歓迎
  • お子様歓迎
  • デート向き
  • ペット同伴

施設情報をメールする このページを印刷する

    • 家族と行きたい

    • 一人で行きたい

    • 友達と行きたい

    • 絶対に行きたい

    お知らせください!

    掲載内容は取材当時の情報です。情報に誤りがございましたら、恐れ入りますがこちらからご連絡ください。

    エリア
    京都/京都市
    ジャンル
    神社仏閣
    更新日
    2011年03月01日

    TOP