家族でおでかけ 〜休日は子どもと想い出づくり〜

更新日:2011年08月30日

テーマ別イベントで中秋の名月を楽しもう

関西お月見イベント特集

澄んだ空気に月明かりが冴える

お月見 写真

秋の風物詩といえばお月見。中秋の名月とは旧暦8月15日の月のことを指し、2011年は9月12日(月)です。現在ではお団子とススキを供えて月を愛でるのが一般的ですが、農作物の実りに感謝するという意味もこめられています。そんな観月行事は全国各地で様々な特色があり、工夫を凝らしたお月見が行われます。そこで今回は関西で行われる観月行事をテーマに分けてご紹介します。平安情緒溢れる伝統的な観月行事をはじめ、月見団子のサービスがうけられるお祭りも。お家でのんびり楽しむのもいいですが、少し足を延ばしてひと味違ったお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

平安貴族気分で、優美な観月

お月見の歴史は古く、平安時代頃から行われてきました。貴族たちが宴を開いたり、詩歌を読んだりして楽しんでいたそう。現代でもそんな優美な雰囲気が感じられる行事が催されています。伝統的な舞楽を披露したり、古くからの習わしを今に伝えるイベントで平安情緒を楽しんでみませんか?

采女祭@采女神社

采女祭 写真

写真提供:奈良市観光協会 写真:木村昭彦

花扇を池中に投じる雅やかな行事

猿沢池の近くにある[采女神社]のお祭。午後5時から「花扇奉納行列」があり、午後6時からの神事の後、秋の七草で飾られた花扇が奉納されます。午後7時から龍と鳳凰をかたどった2隻の管絃船が、花扇とともに猿沢池を回ります。松明が灯された水面を進む様は幻想的。クライマックスには船から池中へ花扇が奉納されます。また、当日は[采女神社]内扉が開かれ、このときだけ糸占いを授与。社の前で月明かりを頼りに縫針に赤糸を通すと願いが叶う、といったロマンチックな言い伝えも。「施設情報」詳細へ

名月管絃祭@下鴨神社

名月管絃祭 写真

平安の雰囲気を今に残す観月の夕べ

平安時代から続くといわれ、古来より人々に親しまれてきた観月行事。かがり火がたかれた舞台で行われる雅楽にあわせた舞楽や、十二単の王朝舞などは見応え十分。2時間に及ぶ奉納では他にも、尺八、管弦、箏曲などが行われ、舞楽の演目も様々。斎庭には観月茶席(有料)が設けられ、事前に申し込むと利用できるので、ゆったりと観覧したい方はそちらもおすすめです。「施設情報」詳細へ

心もおなかも満足なお月見

お月見にはやっぱり月見団子。美しい月や舞台を見ながら美味を食すのも、観月の楽しみです。お団子の無料接待や、飲食ブースの出店など、お子さんも満足なイベントをご紹介します。

賀茂観月祭@上賀茂神社

賀茂観月祭 写真

古式ゆかしい雅楽から気軽に楽しめるミニコンサートまで

[上賀茂神社]では古来より月を愛でる会がよく催されており、その様子は和歌にも詠まれたほど。そんな歴史ある[上賀茂神社]では毎年多くの人が集う観月祭が行われます。当日は神事がとり行われた後、舞楽の演奏、ミニコンサートなどの奉納行事を実施。先着順でにごり酒、月見団子の振舞が行われるのでお早めに。「施設情報」詳細へ

姫路城観月会@姫路城三の丸広場

姫路城観月会 写真

※写真は改修工事以前のもの

姫路城で行われる盛大な観月イベント

LEDライトでライトアップされた姫路城修理見学施設「天空の白鷺」をバックに、姫路城三の丸広場の特設ステージで和太鼓などの郷土芸能が盛大に行われるイベント。獅子舞や箏曲、和太鼓の演奏など、日本古来の伝統芸能で会場を盛り上げてくれます。また、地酒や月見団子、おでんなどを販売する飲食ブースなども出店。そのほか月の観測コーナーなどもあり、バラエティに富んだ内容なので家族連れで楽しめます。「施設情報」詳細へ

ちょっと足を延ばして

砥峰高原観月会@砥峰高原

砥峰高原観月会 写真

広大なススキ草原と名月に酔う

ススキの名所、兵庫県にある[砥峰高原(とのみねこうげん)]で行われる観月会です。秋には高原がススキで一面おおわれ、その景色はすばらしいの一言。散策道に350本もの松明が並び、幻想的な風景が広がります。当日はおおかわち太鼓保存会による和太鼓の演奏などのステージイベントやバザーが催され、賑わいを見せます。「スポット情報」詳細へ

※このページに掲載されている写真画像の無断転載を固く禁じます。

【取材】有佐和也

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング