いて座11月22日~12月21日

悪魔

2017年下半期の運勢

タロットカード:悪魔

いて座から土星が抜けるのは12月の末。最後の試練の時期となるかもしれません。 上半期、自分の限界を知り、その中で楽しむ術を身に付けたいて座さんではありますが、下半期は、現実的な柵に悩まされることになりそうです。ただ、それは、無知がもたらす悩み事。いて座さんは、視野が広く、広げるために努力を惜しまない人の多い星座ではありますが、さらに広げる必要が出てくるようです。苦しい状況の中で、あなたを助けるのはユーモアです。どうすれば解決するのか全くわからないことにぶつかったとしても、何かしら面白みを見つけてください。笑いとばしているうちに、自分では思ってもみないくらい広い視野を身に付けているかもしれません。

行くべき!パワースポット

滋賀

白鬚神社

白鬚神社写真提供:(公社)びわこビジターズビューロー

著名な俳人や歌人も訪れた
業ごとすべてのご利益を授ける導きの神

創建約2,000年の歴史を誇る近江最古の大社。社名のとおり、延命長寿・長生きの神様として知られ、縁結び・子授け・開運招福・学業成就・交通安全・航海安全など、人の営みごと、業ごとすべての「導きの神」でもある。祭神は猿田彦命。湖中に朱塗りの大鳥居があり、国道161号線をはさんで社殿が鎮座する。その美しさから近江の厳島とも呼ばれている。また境内には、松尾芭蕉の句碑や明星派の歌人である与謝野鉄幹・晶子夫婦が神社を訪れた際に詠んだ歌を刻んだ歌碑が立てられている。

社殿現在の社殿は豊臣秀吉の遺命によって、豊臣秀頼が片桐且元(かたぎりかつもと)を奉行として造営したもの。重要文化財に指定されている本殿は檜皮葺きで、入母屋造り。正方形の明解な平面で、明治時代の拝殿再建の際、本殿に接続させたために現在のような複雑な屋根形式になっている。

湖上の鳥居ライトアップ

湖上の鳥居ライトアップ

白鬚神社のシンボル的存在でもある、琵琶湖に浮かぶ朱塗りの大鳥居。日本遺産「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」を構成する琵琶湖と朱塗りの鳥居が魅せる景色に惹かれ、昔から多くの人が訪れている。毎週土曜・日曜日の日没から約2時間と、9月5日の日没から22時頃まで、大晦日の夜明けまで、1月1日~1月5日の日没から21時頃までライトアップされる鳥居を見ることができる。