梅雨のお花畑特集 あじさい

あじさいの名所&開花状況

  • 和歌山県上富田町 あじさい曼荼羅園

    あじさい曼荼羅園
    • あじさい曼荼羅園
    • あじさい曼荼羅園
    • あじさい曼荼羅園

    画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

    パワースポットで見る
    南紀屈指のあじさい園

    和歌山県南部で最古の開運厄除霊場として有名な救馬溪観音が運営するあじさい園。シーズンには敷地内の約120種・1万株の美しいあじさいが花開く。あじさいの中に佇むお地蔵さまは見る人の心を和ませてくれ、参拝をしながら楽しむことができる。

    例年の見ごろ:6月中旬~下旬

    ひと言メモ
    あじさい祭りでは住職と共に六地蔵を巡る催しも実施される
  • 兵庫県猪名川町 大野アルプスランド

    大野アルプスランド
    • 大野アルプスランド
    • 大野アルプスランド
    • 大野アルプスランド

    画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

    あじさいと山と空
    花と自然のコラボレーションが見事

    猪名川渓谷県立自然公園に指定され、標高753メートルの大野山に広がる公園では、7月上旬に山腹に約1万6,000株のあじさいが満開を迎える。山上では大阪市街まで眺望できるパノラマの絶景が待ち受け、大自然の中でのキャンプやバードウォッチングにも最適。

    例年の見ごろ:7月上旬

    ひと言メモ
    プラネタリウムが楽しめる猪名川天文台にもぜひ立ち寄ってみて
  • 奈良県大和郡山市 矢田寺

    矢田寺
    • 矢田寺
    • 矢田寺
    • 矢田寺

    画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

    歴史ある古寺で
    風情あふれるあじさい鑑賞

    日本最古の延命地蔵菩薩が安置されており、「矢田のお地蔵さん」でも親しまれている古寺。5月中旬に咲き始めるツルアジサイから9月ごろに咲く中国のあじさいまで、約60種1万株がそろい、風情漂う境内で美しいあじさいを楽しむことができる。

    例年の見ごろ:6月上旬~7月上旬

    ひと言メモ
    6月中旬ごろにもっとも美しいあじさいが見られる
  • 京都府舞鶴市 舞鶴自然文化園

    舞鶴自然文化園
    • 舞鶴自然文化園
    • 舞鶴自然文化園
    • 舞鶴自然文化園

    画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

    思わず感動する
    1万株ものあじさいの海

    舞鶴湾を望む標高200メートルに広がる群生地はあじさいの生育に最適。約100種1万株のあじさいが谷間を埋め尽くし、舞鶴湾まで望める展望デッキから一望することができる。その風景はひと際美しい青色の花を咲かせることから「あじさいの海」と呼ばれる。

    例年の見ごろ:6月中旬~7月上旬

    ひと言メモ
    あじさいの中を歩く約1キロメートルの「あじさいめぐりコース」も必見
  • 京都府福知山市 丹州観音寺

    丹州観音寺
    • 丹州観音寺
    • 丹州観音寺
    • 丹州観音寺

    画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

    花の寺・第一番札所
    歴史あるあじさい寺

    関西花の寺二十五カ所の第一番札所であり、100種類1万株のあじさいが境内に広がる通称「丹波あじさい寺」。京都府の指定文化財指定の本堂、観音堂、仁王門と色とりどりに咲くあじさいが一緒に眺められ、心癒される美しい花景色が一面に広がる。

    例年の見ごろ:6月上旬~7月上旬

    ひと言メモ
    あじさいのほかに桜やもみじなど、四季で変わる美しい景色が魅力
  • 大阪府東大阪市 府民の森 ぬかた園地

    府民の森 ぬかた園地
    • 府民の森 ぬかた園地
    • 府民の森 ぬかた園地
    • 府民の森 ぬかた園地

    画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

    ハイキングも楽しめる
    大阪最大級のあじさいスポット

    大阪府の中でも最大規模を誇るあじさいの名所。延長1,500メートルのプロムナード沿いには30数種2万5,000株以上が咲き乱れる。生駒山上からの山道「あじさい新道」を通って、ハイキングを一緒に楽しめるのもこのスポットの醍醐味。

    例年の見ごろ:6月下旬~7月上旬

    ひと言メモ
    「幻のアジサイ」といわれる小さな星型の花が特徴の七段花は必見