New Open ! 2016年4月29日 日本最大級の鉄道博物館が京都に誕生!

京都鉄道博物館

ライター:藤井 明日香 情報公開日:2016年4月12日

2016年4月29日京都市・下京区に「京都鉄道博物館」がグランドオープン

(写真)「京都鉄道博物館」

広さ・展示数ともに日本最大級の「京都鉄道博物館」がオープン。SLから新幹線まで、歴史的に価値がある車両を含め53両が展示されているほか、運転シミュレータなど体験エリアも充実。見て楽しむことはもちろん、実際にふれて体感することができる注目の新スポットで、もっと身近に鉄道を感じてみよう。

(写真)「連絡デッキ」

蒸気機関車群を見渡せる「連絡デッキ」や、車両の検査・修繕の様子が見学できる「SL第2検修庫」など、色々な視点から鉄道を知ることができる。

(写真)「スカイテラス」

展望デッキ「スカイテラス」のほか、限定メニューが味わえるレストランやオリジナルグッズを販売するミュージアムショップなどの施設も併設。

【注目ポイント その1】歴史的価値が高い車両などを53両も展示!

(写真)「233号機関車」

館内5カ所のエリアには53両もの車両の数々を展示。現存する最古の量産型国産蒸気機関車「200形233号機関車」をはじめ、時速300kmでの営業運転がギネスブックにも掲載された「500系新幹線」など、どの車両も歴史的に価値のある貴重なものばかり。また、車両工場エリアでは、現役で運行している車両などの臨時展示も行われている。

(写真)「扇形車庫」

国の重要文化財であり、大正3年(1914)に建設された日本最古の鉄筋コンクリート造りの「扇形車庫」。明治から昭和にかけて活躍した蒸気機関車20両を展示。

(写真)「プロムナード」

駅のプラットホームを再現した全長約100mの「プロムナード」。夢の超特急0系新幹線電車など、時代を象徴する車両が勢ぞろい。

(写真)「トワイライトエクスプレス」

トワイライトプラザでは、2015年春に引退した寝台特急「トワイライトエクスプレス」をはじめ、戦後を代表する寝台車など6車両を展示。

【注目ポイント その2】大迫力の巨大ジオラマは必見!

(写真)幅約30m・奥行約10mもの大きさを誇るジオラマ

幅約30m・奥行約10mもの大きさを誇るジオラマは迫力満点。車両基地などの施設を忠実に再現した街並みを、実物車両の約1/80スケールの鉄道模型が走り抜ける。走行風景を眺めるだけでなく、運行の流れを楽しみながら学ぶことができるエリアとなっている。

【注目ポイント その3】走行列車を一望できるスカイテラス

(写真)本館3階の南側には屋外展望デッキ「スカイテラス」

本館3階の南側には屋外展望デッキ「スカイテラス」を設置。目の前にはJR京都線や東海道新幹線などが通り、また施設内を走行する蒸気機関車も眺めることができる抜群の鉄道ビューポイント。東寺の五重塔や京都タワーなど、京都の街並みを背景に走る列車を見られるのはここだけ。

運転士気分も味わえちゃう!?
11種類の体験エリアの中からイチオシをご紹介。

(写真)「SLスチーム号」

まず注目したいのが、本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車することができる「SLスチーム号」。開業に合わせて造られた新客車で往復1kmを10分かけて走行する(毎日運行、高校生以上300円・中学生以下3歳以上は100円)。蒸気機関車でプチ旅行気分を楽しんで。

(写真)「運転シミュレータ」

運転士が訓練で使用するシミュレータを使って、列車の運転にチャレンジできる「運転シミュレータ」。制服も着用できるので、本物さながらの運転士気分が味わえる。

(写真)「列車に乗ろう」コーナー

昭和初期と現在の駅を、実際の設備を使って再現した「列車に乗ろう」コーナー。今と昔の雰囲気やシステムの違いを体感しよう。

ここでしか買えないオリジナル限定商品が多数!要チェックのミュージアムショップ!

(写真)「八ツ橋・京都鉄道博物館」

京都の名物菓子に鉄道ロゴをプリントした「八ツ橋・京都鉄道博物館」540円をはじめ、販売されているお菓子はオリジナル商品が多数。

(写真)「オリジナルチョロQ」

博物館に展示されている車両をチョロQとして再現した「オリジナルチョロQ」各1,296円など、計2,000点ものグッズが販売されている。

鉄道ミュージアムならではのグルメも見逃せない!走る電車を望むレストラン&食堂車限定ランチボックス

(写真)レストラン

併設するレストランには、オムライスやお子様プレートなど、鉄道にちなんだオリジナルメニューが満載。窓から走る列車を眺めながら楽しもう。

(写真)「梅小路扇形車庫カレー」

蒸気機関車を展示している扇形車庫をご飯とルーで再現した「梅小路扇形車庫カレー」1,000円。目玉焼きは転車台をイメージしている。

(写真)ウメテツランチBOX

寝台特急ブルートレインの食堂車では、「ウメテツランチBOX」1,500円(お弁当箱付)などの10種類の弁当ほか、軽食やドリンクを販売。

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

  • エリア 京都府京都市下京区
  • 電車 JR京都駅から徒歩20分
  • バス バス停梅小路公園前から徒歩3分、またはバス停梅小路公園・京都鉄道博物館前からすぐ

詳しくはこちら

ページの先頭へ TOP