おとなの楽旅 〜のんびり電車でおとなの遠足〜

更新日:2010年05月06日

三重県―名張市

観光スポットコース&マップ
メイン

緑萌える渓谷をトレッキング 新緑の赤目四十八滝へ

三重県と奈良県の県境に流れ下る滝川の上流に位置し、大小50余りの滝が連なる赤目四十八滝。
新緑の季節には滝を包む豊かな森に萌芽が芽ぐみ、清冽な滝と峻険な渓谷と相まって清々しい景観を創り出す。今回はそんな自然美に満ちた渓谷で、トレッキングを楽しむアクティブな旅。滝散策のあとは、名物みやげや伊賀忍者の隠れ湯とも伝わる赤目温泉の効能豊かな湯にぶらりと寄り道。生命力にあふれる薫風を胸いっぱいに吸い込みながら、心と体の底からリフレッシュする旅へと出かけてみよう。

清冽な滝 写真布曳滝 写真竜ヶ壺 写真

忍者の格好をしたスタッフお出迎え 写真伊賀忍者の里でもある当地にちなんで、忍者の格好をしたスタッフお出迎え

  • 滝見弁当 写真
  • 赤目観光ハウス 店内写真
  • 赤目観光ハウス 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

滝トレッキングのランチに「滝見弁当」を購入

近鉄赤目口駅からバスに揺られること約10分。終点の赤目滝バス停で降りたら、まずは赤目四十八滝トレッキングの最中で味わいたいランチを手に入れよう。こちらでは地元特産品などのみやげ販売のほか、テイクアウトできる「滝見弁当」も販売しており、種類は旬の山菜を盛り込んだ山菜いなり寿司、山菜ちらし寿司の2種。心強いトレッキングのお供を手に入れたら、準備万端!いざ、赤目四十八滝へ出発。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

楽旅ポイント
「滝見弁当」の購入は予約不要。気軽に手に入れられるのが嬉しい

珍しいサンショウウオに興味津々 写真珍しいサンショウウオに興味津々。間近に観察してみよう

  • 日本サンショウウオセンター 館内写真
  • ウーパールーパー 写真
  • 建物は赤目四十八滝の入口になっている 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

「生きた化石」オオサンショウウオについて学ぼう

滝へ歩いて行くと見えてくるのが、赤目四十八滝への入口も兼ねたこちらの博物館。手付かずの自然が残る赤目渓谷は、日本でも数少ないオオサンショウウオの生息地。国の特別天然記念物にも指定され、「生きた化石」とも呼ばれるその生態について紹介しており、生きたオオサンショウウオも見ることができる。赤目渓谷の豊かな自然について学んでみよう。「施設情報」詳細へ

布曳滝 写真赤目五瀑のひとつ布曳滝は高さ30mもあり、白布を流したような優美な姿

  • 千手滝 写真
  • 不動滝 写真
  • 川沿いに座って「滝見弁当」をパクリ 写真
  • 千手茶屋 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

優美な滝と渓谷が織り成す自然美のなかを歩く

オオサンショウウオについて学んだら、いよいよ滝トレッキングへ。三重県と奈良県の県境に流れる滝川の上流に大小約50もの滝が連なる名瀑で、川沿いに整備された遊歩道を歩きながらトレッキングを楽しめる。数ある滝の中でも「赤目五瀑」と呼ばれる、不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝の5つの滝が見どころだ。また一番奥に位置する岩窟滝まで行くと往復約3時間ほどかかるので、体力に自信がない人は千手滝で折り返す往復約40分のコースがおすすめだ。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
道中には2つの茶屋があり、食事や休憩をとることができるので上手に活用しよう

赤滝ジュースを飲む 写真「この味知ってるかも?」赤滝ジュースの材料は一般的に知られる食材だとか

  • 赤滝ジュース 写真
  • もみじの天ぷら 写真
  • 赤滝茶屋 店内写真
  • 赤滝茶屋 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

クイズにチャレンジ?赤滝ジュースで散策後の休憩を

大自然を感じながらトレッキングを楽しんだ後は、歩いてすぐにある食事処で名物の赤滝ジュースをいただいて休憩。甘く冷たいジュースは滝歩きの疲れを癒してくれるが、ジュースに使われる食材を当てれば、料金が無料になるという意外な特典付き。けれど、今まで正解したひとは数えるほどだとか。分かりそうで分からない難関クイズにチャレンジしてみよう。また、もみじの葉を天ぷらにしたもみじの天ぷらは、赤目みやげとして人気だ。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

瀧草もち、やきもち 写真瀧草もち1個100円、やきもち1個100円をみやげに購入

  • 上田屋 店内写真
  • 上田屋 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

旅のみやげに購入したい、よもぎの風味が香る瀧草もち

名物ジュースで一息入れたら、周辺に立ち並ぶ店でみやげ探し。数ある店のなかでもおすすめなのが、こちらの瀧草もち。全国菓子大博覧会で金賞に輝いたこともある銘菓で、天然のよもぎを練り込んだ餅で餡を包んだ一品だ。ほおばればよもぎの爽やかな風味が口に広がり、さっぱりといただくことができる。そのほか、香ばしく焼き上げたやきもちも人気の一品。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

楽旅ポイント
イートインスペースも併設されているので、名物餅を店内でいただくこともできる

半蔵の湯 写真山奥の清々しい空気に包まれる男性用露天風呂「半蔵の湯」

  • かげろうの湯 写真
  • 上忍の湯(くのいちの湯と男女日替わり制) 写真
  • 赤目温泉 隠れの湯 対泉閣 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

赤目温泉の湯宿でゆったりと湯浴みを満喫

名物みやげを購入したら次は最後のスポット。湯宿の温泉でトレッキングの疲れを癒そう。高い 天然ラドン含有率を誇る弱放射能泉の湯は、日帰り入浴(入浴1,050円、10時30分〜19時※休前日は〜16時)が可能で、野趣あふれる岩造りの露天風呂や地元産木材を使った大浴場などで、湯浴みを楽しむことができる。歩き疲れた体を良湯にあずけながら、大自然を全身で感じる旅を締めくくろう。 「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
日帰り入浴の利用は事前予約が不要なので、ぶらりと立ち寄ることができる

次のページではコース&マップをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング