おとなの楽旅 〜のんびり電車でおとなの遠足〜

更新日:2011年02月01日

和歌山県―みなべ町・田辺市

観光スポットコース&マップ

梅の香満ちる紀州・みなべ 春を探しに梅の里へ
約10万本もの梅が咲き、日本一の規模を誇る梅林[南部梅林]をメインとする今回の旅。観梅期(1月29日〜3月6日)には、沿道に多くの出店が軒を連ね観光客をもてなします。梅林を堪能した後は、みなべ町から電車で10分ほどで着く田辺市へ。鮮魚を使ったご当地丼を味わえる[宝来寿司]や世界的博物学者・南方熊楠を紹介する[南方熊楠顕彰館]など、さまざまなスポットが点在。春の訪れを感じながら梅の里を巡る旅をまとめたこのページを、旅のガイドとしてお役に立ててください。

モデルコース

宝来寿司 闘鶏神社 南方熊楠顕彰館 道の駅 みなべ町うめ振興館 ぷらむ工房 南部梅林

マップ

イラストマップ 南部梅林 ぷらむ工房 道の駅 みなべ町うめ振興館 南方熊楠顕彰館 闘鶏神社 宝来寿司

今回の旅の舞台 和歌山県/みなべ町・田辺市
所要時間 約6時間30分
アクセス JR大阪駅からJR南部駅まで約2時間
印刷する
  1. 1. 南部梅林

    約10万本もの梅が咲き誇る
    日本一の規模を誇る梅林

  2. 2. ぷらむ工房

    紀州南高梅を使った
    オリジナル梅製品が揃う

  3. 3. 道の駅
    みなべ町うめ振興館

    梅の歴史や文化について
    詳しく解説する道の駅

  4. 4. 南方熊楠顕彰館

    南方熊楠の生涯や業績を
    紹介する資料館

  5. 5. 闘鶏神社

    弁慶と熊楠にゆかりある
    田辺の古刹を拝観しよう

  6. 6. 宝来寿司

    ご当地食材がたっぷり
    田辺ならではの「あがら丼」

旅のポイント 編集後記

旅のポイント 編集後記 写真

梅の里として有名なみなべ町には、[南部梅林]のほかにも観梅スポットがあります。中でも有名所は[岩代大梅林]。[南部梅林]は山の斜面に沿って梅が広がりますが、こちらは地元農家の人達の梅林を望むスポットで、平地に広がる梅の絨毯を望むことができます。また、平成23年2月11・12・19日には梅のライトアップが行われ、多くの観光客で賑わいを見せます。そんな梅林を眺めた後は以前紹介した、海辺の住宅街に立つ隠れ家的カフェ[cafe de manma]へ休憩に訪れるのもおすすめです。

【取材・文】西岡愛/【撮影】白井孝明

前のページでは観光スポットをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング