おとなの楽旅 〜のんびり電車でおとなの遠足〜

更新日:2011年04月05日

滋賀県―高島市

観光スポットコース&マップ
メイン

桜舞う湖畔を巡る旅 湖国の幸と絶景を愛でる

琵琶湖八景のひとつに数えられる景勝地・海津大崎。静けさに包まれた美しい景色が広がる奥琵琶湖に位置し、春には湖岸を桃色に染め上げる桜の名所としても知られている。今回は、湖国が誇る絶景で目を楽しませ、伝統ある郷土料理で舌を満足させる旅。陽光を浴びてきらめく湖面、風を受けて舞い散る桜の花びら、そして穏やかな琵琶湖とともに暮らす人々との出会い。スローな時間が流れる湖畔を訪ね、ゆったりショートトリップに出かけよう。

海津大崎 写真海津の石積み 写真桜 写真

湖里庵 内観写真琵琶湖の佳景を眺めながら、郷土の味に舌鼓

  • 鮒寿し懐石 写真
  • 鮒寿し 写真
  • 近江懐石 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

老舗料亭で湖国の郷土料理を食す

旅の始まりは、伝統の湖国グルメが味わえる湖畔の料亭。鮒寿しの懐石料理で名高く、老舗ならではの創意工夫を凝らしたメニューが楽しめる。鮒寿しとは、滋賀県を代表する郷土料理のひとつで、卵を抱えたニゴロブナを約3カ月間塩漬けにし、塩ご飯に2〜3年漬けて発酵・熟成させる極上の珍味。芳醇な旨味と爽やかな酸味を併せ持ち、茶漬けやチーズ包みなどで供される料理は、ひと口食べればヤミツキになるほど美味。古来の調理法を守り続ける老舗で、本場の味をいただこう。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

若あゆ木ノ芽煮、ごり山椒、本もろこ塩焼き 写真若あゆ木ノ芽煮100g1,575円、ごり山椒100g1,050円、本もろこ塩焼き1串840円など

  • スタッフに調理法やその時期の旬を教えてもらう 写真
  • 魚治 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

旬の湖魚みやげが揃う鮒寿しの老舗

湖国が誇る伝統の味を堪能したあとは、すぐ近くにある鮒寿しの専門店へ。郷土の味覚・鮒寿しや湖魚の惣菜など地元の名産品を持ち帰ろう。鮒寿しは本漬2,100円〜のほか、本漬のあとさらに酒粕で漬けた甘露煮3,150円〜の2種を販売。また、鮎や琵琶マス、ゴリなど旬の湖魚を使った佃煮や一夜干し、昆布巻きなど季節ごとの商品も見逃せない。春には琵琶湖の固有種である、本モロコの香ばしい塩焼きがおすすめだ。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

桜に包まれたドライブロードや遊歩道 写真湖畔に沿って続くドライブロードや遊歩道が桜に包まれる

  • 湖岸からは、竹生島を望むこともできる 写真
  • 桜の花びらが舞い落ちる湖岸 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

湖岸を桃色に染める桜のトンネル

食事や買い物を楽しんだら、県内屈指の桜の名所を目指そう。樹齢70年を超える約600本の桜が、湖岸に沿って約4km続く海津大崎は、ドライブしたり、散策したりするのに最適なスポット。「日本のさくら名所100選」にも名を連ね、春には多くの花見客が県内外から集まる。開花時期は例年4月上旬から中旬と遅咲きなので、ぜひ足を伸ばしてみよう。また、春の桜のほかに夏の新緑や秋の紅葉などでも知られ、四季を通じて、絵画のような絶景を目にすることができるので、季節ごとに訪れるのも◎。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
海津大崎からは景勝として知られる「海津の石積み」を見ることもできる。石積みとは、その昔、風波から家屋を守るために造られた石垣のことで、今でも周辺の湖岸に残されている。

大崎寺 外観写真本殿には十一面千手観音像が祀られている

  • 山の中腹に立つ朱塗りの本殿 写真
  • 安土の血天井 写真
  • 境内から続く山道 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

琵琶湖を見下ろす古刹にお参り

海津大崎を訪れたからには参拝したいのが、大宝2年(702)に創建された古寺。十一面千手観音像が安置されていることから、地元では「大崎観音」の名で親しまれている。本堂の横に建立されている阿弥陀堂には、安土城から移されたという「安土の血天井」があり、豊臣秀吉の命で戦死者の供養のために、血痕がついた城材を用いたと伝わっている。寺院は山の中腹に位置し、境内の展望台や周辺の山道からは、桜に包まれた湖岸を眼下に見晴らすことができ、絶好のビュースポットとしても知られる。「施設情報」詳細へ

古道具 海津 内観写真レトロな蔵を改装した店内で掘り出し物を見つけよう

  • 「幻の名窯」とよばれる湖東焼など 写真
  • 陶器のほか、ガラス雑貨やアンティーク家具など 写真
  • 店内やカフェテラスでいただけるコーヒー 写真
  • カフェテラス 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

湖岸に佇む古蔵で骨董探し

道中の休憩がてらに立ち寄りたいのが、海津大崎近くのカフェテラスを備える骨董店。江戸時代の米蔵を改装したという重厚な雰囲気の店内には、全国各地から買い付けている品々が所狭しと陳列されている。毎日の暮らしの中で大切に使いたくなる生活骨董を中心に、ガラス雑貨や家具、民具に至るまでジャンルを問わず集められ、どれもノスタルジックな空気をまとった年代物ばかり。お気に入りを見つけたあとは、陽光にきらめく湖面を眺めながら、カフェテラスでのんびりティータイムを。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
カフェスペースでは、チキンとビーフから選べる自家製カレー700円なども味わえる。ランチスポットとして訪れるのもおすすめ。

屋外ジャグジー 写真マキノ高原の大自然に抱かれて入浴できる屋外ジャグジー

  • バーデゾーン 写真
  • マキノ高原温泉さらさ 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

開放的な高原リゾートで温泉三昧

旅の最後には、緑いっぱいのマキノ高原にある温泉施設でリフレッシュ。大浴場や露天風呂でゆったりバスタイムを満喫できるほか、水着着用の男女混浴バーデゾーンには、高原に吹く爽やかな風を感じながら入浴できる屋外ジャグジー、水中ウォーキングなどができる温泉施設なども備える。温泉で身も心も癒したあとは、館内に併設する休憩室やレストランで湯上がりの休憩タイムを過ごして、湖国の日帰り旅行を締めくくろう。「施設情報」詳細へ

次のページではコース&マップをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング