おとなの楽旅 〜のんびり電車でおとなの遠足〜

更新日:2011年05月02日

奈良県―御所市

観光スポットコース&マップ
メイン

神話が宿る歴史街道 葛城古道を歩く

新緑が野山に萌える初夏。原始の森が残る雄大な葛城山系周辺は、古代神話の舞台・高天原の伝承地とされ、道行けば神話などにゆかりがある社寺仏閣が点在。また、葛城氏や鴨氏などかつて隆盛を極めた豪族たちの発祥地としても知られる。山裾に沿って続く葛城古道は、神々の降臨伝説や歴史上の史実にふれられる上、里山の自然美も楽しめる絶好のウォーキングコースだ。

船宿寺 写真高鴨神社 写真高鴨神社 本殿 写真

本殿 写真本殿では一言で祈願するように心がけよう

  • 葛城一言主神社 外観写真
  • 大イチョウにちなんだお守り 写真
  • 摂社・末社や稲荷神社 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

一言の願いを叶える“いちごんさん”にお参り

今回の旅の始まりは、地元で“いちごんさん”の名で親しまれる古社。その昔、葛城山で狩りをしていた天皇が本社のご祭神・一言主神に出会い、「私は善事も悪事も一言で見極める神である」と名乗ったという神話が『古事記』に記されている。その言い伝えにより、一言の願いを叶えてくれる神様として、民衆から信仰を集めるようになった。二礼ニ拍手一礼の参拝作法を守って、心静かに祈願しよう。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
本殿前には樹齢1,200年を越えるご神木・大イチョウがある。乳房のように見える幹の姿にあやかって、この木に祈願すれば、子宝に恵まれてお乳がよく出るとされる。

金剛豆腐(もめん)、葛城豆腐(絹) 写真金剛豆腐(もめん)262円、葛城豆腐(絹)241円など

  • 梅本とうふ店 店内写真
  • 梅本とうふ店 外観写真
  • 人気の大和あげ 写真
  • 工房 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

古来伝わる製法を守る手作り豆腐

葛城古道ウォーキングの途中に立ち寄りたいのが、こだわり豆腐店。初代から続く手作り豆腐を今に伝える3代目店主が営み、種類豊富な豆腐製品を販売する。スタッフが作業する工房を見られる店内には、テーブルやイスを備えた試食スペースがあり、定番商品を味見してから好みの品を購入できるのがうれしい。天然にがりで作るもめん豆腐や絹豆腐、とうふ屋のドーナツなど、大豆の香りや甘みを生かした豆腐製品は、どれも丁寧な仕事だからこそ実現できる逸品ばかりだ。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

高天彦神社 外観写真森厳な雰囲気に包まれた社殿に古来の歴史を感じる

  • 本殿 写真
  • 境内 写真
  • 苔むした石造りの狛犬 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

神様が降臨した地と伝わる森に佇む古社

いかにも古道といった趣きの木々に包まれた道を歩けば、並木道の向こうに見えるお社。神話の世界そのままのような佇まいの高天彦神社に到着だ。天照大御神の子に、本社のご祭神の娘が嫁ぎ、その子・瓊々杵尊(ににぎのみこと)が降臨したと伝わるのが高天原。その天孫降臨の伝承地といわれる高天原の森に位置する古社はひと際静けさに包まれ、境内には聖なる気配が満ちる。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
境内には屋根付きの休憩スペースがあるので、ウォーキングの合間にひと休みするのもおすすめ

葛城の道歴史文化館 内観写真古民家風の資料館で、郷土の民具なども展示している

  • 葛城の道歴史文化館 外観写真
  • 葛城周辺で発掘された遺跡 写真
  • ラウンジで味わえるパスタランチ 写真
  • ラウンジの窓からは高鴨神社の本殿が 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

郷土の歴史を紹介する文化館でひと休み

葛城古道散策の休憩場所としてもぴったりなスポット。地元の見どころを紹介するほか、郷土の歴史を学ぶこともできる。葛城周辺のフォトコンテストの受賞作を展示するなど、不定期でイベントも開催しているので訪れる前に問い合わせてみるのもベター。また、展示スペースのほかにラウンジを備え、カフェやパスタランチを楽しめるのもポイント。ハイキングコース周辺には、ランチスポットが少ないので、こちらで昼食をいただくのもおすすめだ。「施設情報」詳細へ

本殿 写真拝殿の奥にある本殿は国指定の重要文化財に指定される

  • 手水舎 写真
  • 高鴨神社 外観写真
  • 朱塗りの鳥居 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

鴨一族ゆかりの鴨神社の総本社

葛城の道歴史文化館のすぐ隣にあり、大和の豪族である鴨一族ゆかりの神社。大社として有名な京都の下鴨神社、上賀茂神社など全国の鴨神社の総本社であり、広大な境内には大小さまざまなお社が点在。うっそうと木々が生い茂る神秘的な森に包まれた丘の上に立つのが本殿で、天文12年(1543)再建といわれている。建築美漂う社殿を参拝したあとは、木漏れ日が降り注ぐ境内を散策して、摂社・末社にもお参りしよう。「施設情報」詳細へ

樹木や草花に囲まれた境内 写真樹木や草花に囲まれた境内はまるで花の美術館

  • 船宿寺 外観写真
  • 季節ごとに表情を変える庭 写真
  • 不動明王像 写真
  • 関西花の寺にも名を連ねる 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

可憐なサツキやツツジに包まれた花の寺

次に訪れたのは、四季折々の花が境内を彩る古刹。神亀2年(725)、葛城を旅した行基菩薩が夢で「山の中に船形の巨石があるので、その上に薬師如来をお祀りするように」と老人に告げられたことによって創建されたと伝わる。春から夏にかけて、境内にはサツキやツツジなどが鮮やかに咲き誇り、山門や本殿、鐘楼などの仏教建築と自然美の調和が美しい。時間に余裕を持ってゆったりと参拝したい。「施設情報」詳細へ

露天ゾーンに配する岩風呂 写真露天ゾーンに配する岩風呂で心身ともにリラックス

  • 天然温泉 かもきみの湯 内観写真
  • 男女ともに源泉を引く湯船 写真
  • さまざまな効果が期待できる薬湯 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

葛城山麓から湧出する名湯で湯三昧

葛城古道散策の最後には、設備充実の日帰り温泉施設で汗を流そう。古代神話が宿る葛城山麓から引く天然温泉・かもきみの湯は、中高年からの健康維持に効果が期待できるとされ、また優れた泉質であることから美人の湯ともいわれる。男女ともに源泉風呂や岩風呂、ハーブ湯のほか、日替わり湯や座湯、寝湯などあり、気軽に湯巡りが楽しめる。古来湧出し続ける名湯に浸かって、ウォーキングの疲れを癒そう。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
施設内にはマッサージルームや休憩室、食事処なども併設。湯上がりに休憩したあと、夕食をいただいて帰るのもおすすめだ。

次のページではコース&マップをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング