おとなの楽旅 〜のんびり楽しむおとなの遠足〜

更新日:2011年11月01日

滋賀県―湖東三山・永源寺

観光スポットコース&マップ
メイン

錦秋の湖国を巡る車旅 湖東三山の古刹を愛でる

滋賀の湖東エリアに広がる湖東三山には、天台宗の3つの名刹が点在。湖東三山の南に位置する永源寺を含め、一帯は紅葉のメッカとして知られており、秋のドライブにぴったりの場所だ。歴史ある諸寺院の建築美と調和するように、境内を紅に染め上げる秋景色は、あまりの美しさに言葉を失ってしまうほど見事。木々の落葉を舞い上げる風の音が静けさを際立たせる参道、古の日本美を今に伝える仏教建築、自然の造形美に心和む庭園など、自分だけのベストスポットを探しに行こう。

永源寺 写真ドライブ 写真金剛輪寺 写真

本堂で祈願 写真国宝に指定される本堂で心を込めて祈願しよう

  • 西明寺 外観写真
  • 石段が続く参道 写真
  • 屋根の葺替修理の様子 写真
  • 名勝庭園「蓬莱庭」 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

国宝の建築美と紅葉の色彩美に感動

湖東に点在する名刹を巡る旅のはじまりは、承和元年(834)開基のお寺。戦国時代、織田信長の命による戦火からまぬがれた本堂や三重塔には鎌倉建築が見られ、国宝に指定されている。境内には寺院の美しい建築様式と紅葉が織り成す絶景が広がり、特に秋から春にかけては、名勝庭園の不断桜が桃色に染まり、紅葉との調和がひと際すばらしい。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
平成23年4月から平成24年の3月まで、国宝・三重塔の約40年に一度の屋根葺替修理を実施。見学用通路が設けられ、檜皮(ひわだ)屋根を葺き替える職人の作業を、間近で見る貴重な体験ができる。

三重塔 写真重要文化財に指定される三重塔は絶好のフォトスポット

  • 血染めの紅葉 写真
  • 千体地蔵 写真
  • 境内の食事処でランチを楽しむ 写真
  • 精進弁当2,100円 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

朱に染まる境内を眼前に臨み、精進料理に舌鼓

次に参拝するのは、湖東三山の中ほどに位置する巨刹。奈良時代に聖武天皇の勅願によって、行基が開山したと伝わり、織田信長の焼き討ちによる焼失の難を逃れた本堂が、国宝に指定される。本堂周辺は一帯が朱色に包まれるような紅葉が広がり、本堂脇の美しさは「血染めの紅葉」と呼ばれるほど。また、境内には精進料理が堪能できる食事処を併設し、絵画のような風景を楽しみながら、秋の食材で彩る料理を味わえると評判。「施設情報」詳細へ

鐘楼 写真鐘楼の音色の余韻が紅葉に吸い込まれるように響く

  • 石垣が続く参道に積もる落葉 写真
  • 一服の絵画を思わせる景観 写真
  • 国史跡 百済寺 外観写真
  • 本堂前の仁王門 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

近江最古級の古刹で秋の風物詩に心酔

推古14年(606)、渡来人のために聖徳太子が創建した湖東三山で最も古い歴史を持つ寺院。巨木が林立する参道を歩けば、頭上には紅葉のトンネル、足元には紅葉の絨毯、秋風に舞うモミジやカエデの美しさに思わず息を呑んでしまう。本堂や鐘楼を包む紅葉のほか、「天下遠望の名園」と謳われる池泉回遊式庭園の秋景色も格別で、庭園の上部からは茜に色づく湖東平野を一望できるのでぜひ訪れたい。湖東三山の秋をぞんぶんに満喫できる名所のひとつだ。「施設情報」詳細へ

岡本こんにゃく本舗 内観写真おすすめ料理などスタッフが丁寧に教えてくれる

  • 角こんにゃく300g260円 写真
  • 岡本こんにゃく本舗 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

名刹・永源寺名物のこんにゃく製品をみやげに

湖東三山を後にして訪れたいのは、湖国の紅葉のもうひとつのメッカ・永源寺。門前には名物のこんにゃくを販売する老舗が佇むので、立ち寄ってみよう。古くからこんにゃく栽培が盛んで、寺院の精進料理や農家の正月料理などに使われたことから名物になったこんにゃくを、昔ながらの製法で手作りする商品は、生芋をすりつぶして作ることで、粗めの舌触りが美味。レシピなども教えてくれるので、持ち帰っておいしい料理を作ってみよう。「施設情報」詳細へ

日本美を宿す庭園 写真本堂の前には日本美を宿す庭園が配される

  • 重要文化財に指定されている山門 写真
  • 法堂 写真
  • 境内のライトアップ 写真
  • 石仏 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

紅に染まる渓谷そばの、湖東を代表する紅葉スポット

紅葉巡りの最後に訪れるのは、朱に染まる渓谷を流れる愛知川(えちがわ)の右岸にある臨済宗永源寺派の大本山。湖東三山と並び、湖国を代表する紅葉のメッカとして有名で、境内はたくさんのカエデの古木と趣きある寺院建築の美観とがあいまって、見事な景観を生み出している。約3000本を数えるという紅葉を目の当たりにすれば、毎年でも訪れたくなるはず。また、地域はこんにゃくの産地としても知られ、法堂(はっとう)と呼ばれる建物のそばには、「こんにゃくの さしみもすこし 梅の花」と刻まれた芭蕉の句碑があるので、こちらも見逃せない。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
平成23年度は11月12日〜26日までの17時〜20時30分に境内のライトアップを実施。昼間の志納料の続きでも参拝でき、幻想的な風景が見られる。

開放的な湯船 写真季節の風景が目の前に広がり、開放的な湯船

  • 夕刻には間接照明が灯る 写真
  • リクライニングチェアーでゆったり休憩を 写真
  • 食事処も併設 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

門前の立ち寄り温泉で旅の疲れをリフレッシュ

湖国の紅葉巡りを楽しんだら、最後に気軽に温泉が満喫できるスポットを目指そう。野趣あふれる露天や広々とした内湯に浸り、「美肌の湯」とも呼ばれる永源寺温泉で心身を癒したあとは、岩盤浴などリラクゼーション施設を利用したり、のんびり寛げる休憩スペースで憩いの時間を過ごしたり、思い思いの湯上がりタイムを満喫。また、丼や名物のこんにゃく料理、季節ごとの御膳料理を味わえるレストランも併設するので、夕食を堪能してから帰路につくのもおすすめだ。「施設情報」詳細へ

次のページではコース&マップをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング