おとなの楽旅 〜のんびり楽しむおとなの遠足〜

更新日:2012年01月04日

兵庫県―新温泉町周辺

観光スポットコース&マップ

湯煙に包まれた古湯の郷 湯村温泉をぶらり
2012年最初の旅の舞台は、兵庫県北西部に位置する名湯・湯村温泉。湯村の元湯であり町のランドマークとして親しまれる[荒湯]周辺には、ドラマ「夢千代日記」をテーマにしたミュージアムや、但馬牛料理の店などが点在しています。どこへ行くにも徒歩5分圏内とコンパクトな温泉地なので、車の人は町の北側にある町営駐車場か薬師湯の駐車場を利用しましょう。また、散策途中には荒湯近くの「ふれ愛の足湯」をはじめ、足湯が数カ所あるので、休憩がてら立ち寄ってみるのもおすすめです。

モデルコース

夢千代館 荒湯センター 荒湯 地熱洞 薬師湯 炭火焼たじま牛串屋 湯村温泉店

マップ

イラストマップ 夢千代館 荒湯センター 荒湯 地熱洞 薬師湯 炭火焼たじま牛串屋 湯村温泉店

今回の旅の舞台 兵庫県/新温泉町
所要時間 約5時間30分
アクセス JR大阪駅から浜坂駅まで約3時間40分、全但バス湯村温泉行きで25分、湯村温泉下車
印刷する
  1. 1. 夢千代館

    「夢千代日記」を題材にした
    レトロミュージアム

  2. 2. 荒湯センター

    湯村観光の拠点で
    みやげ選び

  3. 3. 荒湯

    もうもうと湯煙が上る
    湯村のシンボルへ

  4. 4. 地熱洞

    隠れた観光スポット
    大自然が生んだサウナ

  5. 5. 薬師湯

    公共の温泉施設で
    美人の湯に浸かる

  6. 6. 炭火焼たじま牛串屋 湯村温泉店

    但馬牛を使った
    贅沢な牛串をいただく

旅のポイント 編集後記

旅のポイント 編集後記 写真

雪が降るのでは? と余りの寒さに空を仰ぐこと数回。寒さが厳しさを増すことと比例するように[荒湯]から吹き上がる湯煙はよりいっそう白く見えました。そんな湯の町情緒あふれる湯村温泉は、徒歩圏内に見どころが多くあるのも特徴のひとつ。また温泉地の中心には、湯村温泉観光協会の窓口があり、観光情報や宿泊情報を聞くことができます。こちらには湯村温泉のゆるキャラとして子どもに大人気の“湯〜たん”もいて、週末に出かければ、もしかすると出会えるかもしれませんよ。

【取材・文】石原一樹/【撮影】白井孝明

前のページでは観光スポットをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング