おとなの楽旅 〜のんびり楽しむおとなの遠足〜

更新日:2012年03月01日

兵庫県―神戸市中央区・兵庫区周辺

観光スポットコース&マップ
メイン

歴史ロマンに彩られる港町 平清盛ゆかりの地・神戸

平清盛が遷都を計画し、日宋貿易の拠点として大規模な港・大輪田泊を整備したことから、海運の要衝として栄えてきた日本を代表する港町・神戸。海外の異文化が調和した街には、今もなお清盛に縁の深い社寺や遺跡が数多く残っている。さらに平成24年は、NHK大河ドラマで「平清盛」が放送され、市内には放送期間中限定で清盛に関する展示を行う特設会場も設置される。今回の旅のプランは、清盛ゆかりの地やパビリオンを巡る歴史トリップ。道中、港町ならではの異国情緒ただようレストランや、チャイナタウンに立ち寄って、目と舌の両方で神戸カルチャーも満喫しよう。

松山ケンイチ等身大フィギュア 写真Central DeliGrill 内観写真神戸南京町 写真

1歴史館

見る

土器などの出土品 写真土器などの出土品から清盛が描いた夢を垣間見る

  • 歴史年表パネル 写真
  • 平清盛の肖像画 写真
  • 神戸スイーツはみやげにぜひ 写真
  • 歴史館 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

神戸と清盛のあゆみを紹介するパビリオンへ

まずは特設会場で神戸の歴史と、清盛が生きた平安時代の暮らしをおさらい。平清盛によって造営が進められていた幻の都・福原京に関する遺跡や出土品の展示はじめ、オリジナルアニメーションやパネル展示などで、神戸と清盛の関わりを分かりやすく紹介している施設だ。このほか隣接するイベントスペースでは、観光キャンペーン「KOBE de 清盛 2012」のPRキャラバン隊「神戸・清盛隊」の演舞などが土曜・日曜、祝日に行われる。会場出口手前には地元特産品などを販売する物産コーナーもあるので、みやげ選びも楽しんでみては。

楽旅ポイント
受付所の隣では開設期間中、当館を起点に大輪田泊などの清盛ゆかりの史跡を歩いて巡る「歴史ガイドツアー」300円〜(所要1時間)の受付も行っている。

十一面観世音菩薩立像 写真大仏座の下に安置されている十一面観世音菩薩立像(じゅういちめんかんぜおんぼさつぞう)は国重文に指定されている

  • 本堂 写真
  • 清盛の墓とされる平相国廟 写真
  • ジョセフ・ヒコ(浜田彦造)の英文碑 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

大仏が見守る古寺で清盛のお墓参りを

神戸の歴史を学んだら、清盛ゆかりの古寺へ向かおう。延暦24年(805年)、唐留学の帰途に和田岬に上陸した最澄が自作の薬師如来を堂に安置して、日本初の教化霊場に。そののち仁安3年(1168年)に平清盛がここで剃髪し、入道したことから平家一門の祈願寺に定められたという歴史を持つ。当寺院のランドマーク的存在の兵庫大仏は、鎌倉、奈良の東大寺と並ぶ日本三大大仏に数えられ、それぞれの高さは本体11m、蓮台3m、台座4mとビッグサイズ。このほか境内には、夢半ばに京都で倒れた平清盛の遺骨を当時の住職・円実法眼が持ち帰り寺領内に葬ったと伝わる平相国廟、日本人で唯一アメリカ大統領のリンカーンと握手をしたという言い伝えがあるジョセフ・ヒコの英文碑などがある。「施設情報」詳細へ

鳥居 写真戦災後に建てられた鳥居は、両柱の下部に支えが付いた珍しいもの

  • 淡嶋神社 写真
  • 水汲み場 写真
  • 兵庫厳島神社 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

住宅街にひっそりとたたずむ清盛ゆかりの社

閑静な住宅街の中で、ひと際目を引く鮮やかな朱塗りの両部鳥居。当社は今からおよそ800年前の治承4年(1180年)に、平清盛によって建立された由緒正しき古社。清盛は安芸守に任ぜられた頃より厳島明神を深く信仰しており、都を京都から福原に移した際に、厳島明神を安芸国(現在の広島県西部)からここへ勧請したとされている。また境内には、女性の守護神である「淡嶋さま」を祀る淡嶋神社もあり、毎年2月8日には針供養が行われている。「施設情報」詳細へ

ボローニャ風ミートソース 写真ボルチーニ草の香るボローニャ風ミートソース1,300円。麺はタリアテッレとエリコイダーリの2つからチョイス

  • プレートランチ 写真
  • パンビュッフェ 写真
  • Central DeliGrill 内観写真
  • Central DeliGrill 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

レンガ倉庫をリノベートした海辺のレストラン

歴史のお勉強&寺社巡りを楽しんだら、港町・神戸を堪能すべく異国情緒あふれるレストランでランチを。当店は定番観光スポットとして人気の「ハーバーランド」の敷地内にあり、レンガ倉庫を改装したモダンな店内で、イタリアンをベースにした季節の料理がいただける。赤ワインを効かせたミートパスタや、色とりどりのベジタブルなどが盛られたアンティパストなど、多彩なメニューがスタンバイ。ランチ1,200円〜、ディナーコース3,000円〜とリーズナブルな価格もうれしい。また当店のウリでもあるパンビュッフェは、店で焼かれるできたてが随時8種ほど並ぶ。お好みでオリーブオイルや塩などに付けていただこう。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

5ドラマ館

見る

松山ケンイチ等身大フィギュア 写真あごに生えたヒゲまでも再現された等身大のフィギュア

  • 出演者たちが使っていた台本 写真
  • 福原京の街並みを再現したジオラマ 写真
  • ドラマ館 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

大河ドラマで描かれる清盛の生き様を見る

平成24年1月から放送されているNHK大河ドラマ「平清盛」をクローズアップしたテーマ館。エントランス、海の覇者など、6つのゾーンに分かれた会場内では、撮影で実際に使用された衣装や小道具を展示するほか、映像シアターでオリジナルムービーを放映。清盛のサクセスストーリーにふれながら、改めて神戸の魅力を伝える内容だ。なかでも清盛青春ゾーンに置かれた、主演の松山ケンイチ等身大フィギュアは、会場内で唯一写真撮影がOKで、絶好のフォトスポットとして人気を集めている。

楽旅ポイント
入館料は単館なら600円。歴史館も一緒に回るならドラマ館・歴史館セット券700円がおすすめ。

神戸南京町 写真神戸観光ではハズせない定番中の定番スポット

  • 飲食店 写真
  • ベンチに座っていただくのも◎ 写真
  • 雑貨店 写真
  • 中央広場 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

神戸が誇るチャイナタウンで中華食べ比べ!

東西約270m、南北約110mあまりのコンパクトなエリアに、100以上の店舗が軒を連ねる、日本有数のチャイナタウン。本格的な中華料理店や、気軽に豚まんや飲茶などが味わえる点心の店といったグルメから、龍の置物やジャスミンティーなど、中国の名物みやげを低価格で購入できる雑貨店など、店のジャンルもさまざま。極彩色のカラーリングが異彩を放つ店舗外観、店先に飾られた中華風装飾、街のいたるところに立つ中国のランターン風街灯など、まるで中国の歓楽街のような風景が広がり、散策を楽しむだけでも一興だ。「施設情報」詳細へ

次のページではコース&マップをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング