おとなの楽旅 〜のんびり楽しむおとなの遠足〜

更新日:2012年09月04日

和歌山県―高野町・田辺市

観光スポットコース&マップ

世界遺産を巡る車旅 山上の仏教都市・高野山へ
高野山真言宗の総本山[金剛峯寺]の敷地でもある高野山。起点となる羽曳野ICからは、府道32号、国道170号、高野街道を経由して南へ向かいます。高野山と龍神温泉を結ぶ[高野龍神スカイライン]は、カーブが続くワインディングロードなので、スピードの出し過ぎには十分注意しましょう。高野山へ電車を利用して訪れる際は、南海難波駅から南海高野線に乗り、極楽橋で高野山ケーブルに乗り換え。最寄り駅の高野山駅からは、南海りんかんバスが運行しています。

モデルコース

龍神温泉元湯 高野龍神スカイライン 中央食堂さんぼう 高野山霊宝館 金剛峯寺 壇上伽藍

マップ

イラストマップ 壇上伽藍 金剛峯寺 高野山霊宝館 中央食堂さんぼう 高野龍神スカイライン 龍神温泉元湯

今回の旅の舞台 和歌山県/高野町・田辺市
所要時間 約7時間30分
アクセス 南阪奈自動車道羽曳野ICから南海ケーブル高野山駅まで約1時間50分
印刷する
  1. 1. 壇上伽藍

    見どころ多彩な聖地で
    立体曼荼羅の世界にふれる

  2. 2. 金剛峯寺

    匠の技が光る名建築を鑑賞
    高野山真言宗の総本山へ

  3. 3. 高野山霊宝館

    多数の寺宝を収蔵する展示館
    夏期特別展に注目を

  4. 4. 中央食堂さんぼう

    創業から100年の名店で
    精進料理ランチに舌鼓

  5. 5. 高野龍神スカイライン

    山々の尾根に延びる
    絶景ドライブロード

  6. 6. 龍神温泉元湯

    渓谷美に包まれた秘境で
    日本三美人の湯に浸かる

旅のポイント 編集後記

旅のポイント 編集後記 写真

世界遺産の高野山は、標高900m以上の山上の盆地ということもあり、隠れた避暑スポットとしても人気。取材中に出会った現地の人いわく、盆休みが明けた頃から気温が下がり始め、9月は完全に秋の様相になるとのこと。加えて、周辺は多くの木々に彩られた自然豊かなエリアなので、夏の暑さで疲れた体を癒すのにも最適です。また、今回ご紹介した[壇上伽藍]に、パワースポットがあるのをご存知でしょうか? その場所は「三鈷(さんこ)の松」といい、弘法大師が中国から投げた法具の三鈷が枝に掛かったという伝説が残っています。松の葉は通常なら2本ですが、この松の葉はなんと3本。拾って持ち歩いていると幸せになれるそうなので、訪れた際は“幸運の葉”を探してみるのもいいですよ。

【取材・文】石原一樹/【撮影】白井孝明

前のページでは観光スポットをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング