おとなの楽旅 〜のんびり楽しむおとなの遠足〜

更新日:2012年11月06日

奈良県―天川村

観光スポットコース&マップ
メイン

朱に染まる関西の秘境 みたらい渓谷を歩く

夏の暑さが落ち着き、だんだんと過ごしやすくなってきたころ。今回は秘境・天川村を舞台にした錦秋の渓谷トレッキングへ出かけましょう。奈良県吉野郡のほぼ中央にある天川村、その東部にそびえ立つ大峯山は、古くから山岳信仰の聖地として崇敬されてきた場所。関西指折りの紅葉地として知られる[みたらい渓谷]をはじめ、豊かな大自然が訪れる人々を迎え入れる。秋景色を楽しむ道中、日本三大弁財天に数えられる古社や物産店にも立ち寄り、地域の歴史と文化も満喫。さらに良湯が湧出する温泉地で湯浴みしたり、旬の味覚鍋を味わったり。秋の天川村を存分に堪能しよう。

みたらい渓谷 写真ボタン鍋 写真洞川温泉 写真

五十鈴になっている拝殿の鈴 写真拝殿の鈴は五十鈴になっていて、これは日本最古の芸能の神・天宇受売命(あめのうずめのみこと)が舞に使った神代鈴に由来する

  • 能舞台 写真
  • 天から降ったと伝わる石 写真
  • 朱塗りの鳥居 写真
  • 社務所ではお守りなども販売 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

神秘的な空気に包まれる山間の弁財天へ

旅のスタートは広島の厳島、滋賀の竹生島とともに日本三大弁財天として崇敬を集める古社。飛鳥時代、役行者によって大峯山が開山された際、最高峯・弥山の鎮守として祀られたのがはじまりとされ、水と芸能の神を祀る。高野山の開山前、大峯で修行した弘法大師が重要な行場としたことでも知られ、大師が唐から持ち帰った密教法具や神代から伝わる五十鈴(いすず)、あ字観碑などが残されている。拝殿の向かいにある能舞台は、芸能の神を祀る神社ならではの設備で、能はもちろんのことクラシックや弾き語りライブなどが行われている。「施設情報」詳細へ

人気商品の野菜 写真野菜は早々に売り切れるほどの人気商品

  • 鹿肉ソーセージ、新蜜 写真
  • 地域の特産品 写真
  • バス停降りてすぐのところにあるので便利 写真
  • 観光案内板 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

天川の味覚と工芸品が集まるみやげ物店

バスに揺られること数分。歴史の息吹きを感じる古社にお参りしたら、郷土の名産品を扱う物産店でみやげ選びを。こぢんまりとした店内にずらりと並ぶ商品は地元産オンリー。毎朝周辺の農家から運ばれる新鮮野菜や、特産品の鹿を使った加工品、木工製品など、バリエーション豊富なうえ、価格も手ごろなのでお気に入りが見つかるはず。このほか、店頭では郷土料理のいもぼた1個100円も販売。ジャガイモと米を一緒に炊き、塩を加えて焼きおにぎり風に仕上げた一品で、トレッキング前の軽い腹ごしらえにもぴったりだ。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
店内には周辺の観光インフォメーションが掲載されているパンフレットも配布。旅する前に訪れて、観光情報を予習しておくのも一策だ。

関西屈指の秋景色 写真関西屈指の秋景色が見られると人気の紅葉スポット

  • 遊歩道 写真
  • 吊り橋から山並みを見物 写真
  • 透明度が高い清流 写真
  • 巨岩 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

深く刻まれた渓谷を染め上げる紅葉に心酔

いよいよ、今回の旅のハイライト・渓谷トレッキングに出発! 大峯山から流れる山上川の源流に広がる渓谷で、大小さまざまな巨岩の合間からエメラルドグリーンの清流が流れる。生命力にあふれる新緑の春、水しぶきに川サツキがきれいな夏と、一年を通して楽しめるが、特に11月上旬から11月中旬は、山肌が紅色に染まるベストシーズンで、多くの観光客が訪れる。渓谷沿いには全長約7kmの遊歩道が整備され、洞川温泉までを結ぶ。道中には「みたらいの滝」や「光の滝」といったみどころも豊富に点在。道行けば出合う秋の渓谷美にしばし癒されながら、次の目的地を目指そう。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
遊歩道のスタート地点から約1時間30分ほど歩いたところにバス停があるので、気軽に楽しみたい人は、ここからバスに乗り洞川温泉に向かおう。

ミュージアムショップ 写真庭を眺められる縁側の席がベストポジション

  • お手製の豆乳ショコラケーキセット 写真
  • ファッションアイテムのほか、インテリア雑貨も揃う 写真
  • カフェスペース 写真
  • 茶房雑貨 空 外観写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ゆったりとした時間が流れる自然派カフェ

壮麗な渓谷美を存分に堪能した後は、遊歩道終着点の洞川温泉内にあるカフェ&雑貨の店でひと息つこう。地元出身のオーナーがUターンしたのをきっかけにはじめた店で、入ってすぐがショップ、奥が畳敷きのカフェになっている。ショップにはオーナー手作りのナチュラルテイストの洋服、この時期に最適なストールやアクセサリーなどの小物が揃い、カフェでは村内で唯一のチャイやオーガニックコーヒー500円などが味わえるほか、健康に配慮したスイーツも。縁側に腰掛け、風趣に富んだ農村の風景を眺めれば、時間を忘れてのんびりできる。「施設情報」詳細へ(eoグルメ)

楽旅ポイント
スイーツやドリンクのほかにも、事前に予約しておけばランチの薬膳わの食2,000円も味わえる。自家栽培のフレッシュな野菜をふんだんに使うメニューは、ヘルシー志向の女性客から評判だ。

現在は20数軒の宿と、10軒あまりのみやげ物店が軒を連ねる 写真現在は20数軒の宿と、10軒あまりのみやげ物店が軒を連ねる

  • 名水百選の「ごろごろ水」を使う豆腐 写真
  • 陀羅尼助丸 写真
  • 古き良き温泉地の風景 写真
  • 提灯に明かりが灯る夜の町 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

和の趣きに満ちる古湯の郷を散策

古くは修行者のための登山拠点として栄えた歴史を持つ山間の温泉地。和の風情をたたえた温泉宿が立ち並び、沿道には名水を使った豆腐の名店、特産品でもある和漢胃腸薬の陀羅尼助丸(だらにすけがん)を販売するみやげ物店も多数点在。周辺の景観に溶け込むようにして広がる懐古的な町並みは、ぶらり歩くだけでも一興だ。また温泉地の入口には、気軽に名湯を満喫できる日帰り入浴施設の「洞川温泉センター」(入浴600円)も。このほか、少し歩けば鍾乳洞の[五代松鍾乳洞]や、山内一の行場とされる龍泉寺などもある。「施設情報」詳細へ

ボタン鍋 写真ボタン鍋が付く宿泊プランは1泊2食付き14,060円〜

  • 肉の脂と鍋の温かさに身も心も癒される 写真
  • 食事は専用の個室にて 写真
  • 大浴場 写真
  • 歴史を誇る老舗宿 写真

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

歴史ある温泉宿で名物鍋に舌鼓を打つ

和の風情に満ちる温泉宿で、野趣あふれる絶品鍋を味わい秋の秘境旅にふさわしい締めを。むくの銘木をふんだんに使用した建物が目を引く名旅館で、一年を通じて味わえるボタン鍋プランがおすすめ。メインの猪肉は宮崎県から仕入れる天然モノで、旬を迎える秋から冬の猪肉は脂がのり、いっそう旨味が増す一級品。味噌ベースのダシにくぐらせ、野菜と一緒にほお張れば、濃厚な脂が舌を包み込む。温泉がなみなみと流れ入る2種の湯船での湯浴みは温泉宿ならではの楽しみ。アルカリ性の湯は、湯上がりに肌がすべすべになると女性客から好評だ。「施設情報」詳細へ

楽旅ポイント
宿泊プランのほか、日帰りプラン7,000円〜も充実。食事は宿泊と同じものが味わえ、さらに良泉も満喫できるので、日帰り旅行の際はこちらを利用するのもあり。

次のページではコース&マップをご紹介しています。

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング