おとなの楽旅 〜のんびり楽しむおとなの遠足〜

更新日:2013年09月5日

兵庫県/朝来市・神河町

観光スポットコース&マップ
竹田城跡を巡る車旅

兵庫県の中北部に広がる播磨と但馬地方には、竹田城跡をはじめとする絶景スポットが数多く点在。大自然とアート、一面に広がるススキの絨毯と、それぞれに異なる“美”が非日常的な時間とともに、極上の癒しを与えてくれるはずだ。

おすすめスポット

おすすめコース

竹田城跡:入場規制等している場合がございますので、事前に公式サイト等をご確認ください。<公式サイトへ

スポット紹介

竹田城跡

山全体が虎が伏せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう)」とも呼ばれる

▲山全体が虎が伏せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう)」とも呼ばれる

雲海に浮かぶ幻想的な姿から「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも称される。写真提供:吉田利栄

▲雲海に浮かぶ幻想的な姿から「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも称される。写真提供:吉田利栄

南北400m、東西100mと現存する石垣遺構では全国屈指の規模を誇る

▲南北400m、東西100mと現存する石垣遺構では全国屈指の規模を誇る

山上の城跡から大パノラマの絶景を観賞

旅の始まりは、標高353.7mの山頂に築かれた城跡から。廃城から400年以上経った今もなお、当時の石垣がほぼそのまま残り、城跡から望む山々と町並みは朝来を代表する美景だ。また、晩秋から冬にかけての早朝には、城跡が雲海に浮かぶ神秘的な風景が見られることも。

詳細はこちら

► 城跡周辺は山道に
なっているので、
歩きやすいスニーカー
などを用意しよう
事前チェック
事前チェック ◀ 一番近い中腹駐車場
からおよそ徒歩20分で
山頂に到着

MEMO

春

写真提供:吉田利栄

冬
四季折々で変化する“天空の城”
新緑が美しい夏期はもちろん、可憐な ピンクの桜花に包まれる春、白銀の雪で化粧を施した冬など、一年を通して さまざまな城跡の美観が楽しめる。

ページ先頭へ

あさご芸術の森美術館

積み上げられた多々良木ダムの自然石を借景とした中央の芝生広場

▲積み上げられた多々良木ダムの自然石を借景とした中央の芝生広場

美術館の正面には地元出身の彫刻家、淀井敏夫作の『鴎』を展示

▲美術館の正面には地元出身の彫刻家、淀井敏夫作の『鴎』を展示

森の中に作品が点在する斬新なアート空間

広大な芸術の森の中に大小さまざまな現代アート作品が点在し、芸術の森の作品は無料で鑑賞できる。時間や季節の移ろいによって作品の印象が変化するのも野外展示ならではの醍醐味だ。

詳細はこちら

公園にある約30点の作品は直接ふれることができる

▲公園にある約30点の作品は直接ふれることができる

ページ先頭へ

道の駅フレッシュあさご

大きく窓がとられた開放感満点のレストランで、心ゆくまで食事を満喫

▲大きく窓がとられた開放感満点のレストランで、心ゆくまで食事を満喫

旬の野菜が並ぶ農産物直売所。あれこれ手に取りお気に入りを探そう

▲旬の野菜が並ぶ農産物直売所。あれこれ手に取りお気に入りを探そう

産地ならではの豪快丼に舌鼓を打つ

そろそろ昼食の時間に差し掛かってきたころ。今回は観光拠点の道の駅で、鹿肉を用いた野趣あふれる名物丼をいただこう。鹿肉は朝来の特産品であり、一般的な鹿肉に比べ臭みがなく、柔らかい肉質が特徴。新鮮な産直野菜が並ぶ直売所や、岩津ネギの加工品などを販売するみやげ物コーナーでの買い物も楽しみ。

詳細はこちら

ご当地ビーフ使用の但馬牛弁当1,300円もおすすめだ

▲ご当地ビーフ使用の但馬牛弁当1,300円もおすすめだ

ページ先頭へ

神崎農村公園ヨーデルの森

広大な敷地に動物舎が点在。こちらは2013年4月誕生のアルパカの赤ちゃん「エース」

▲広大な敷地に動物舎が点在。
こちらは2013年4月誕生のアルパカの赤ちゃん「エース」

乗馬体験は500円。大きな背中にまたがり、ジョッキー気分で場内をぐるり

▲乗馬体験は500円。大きな背中にまたがり、ジョッキー気分で場内をぐるり

かわいい動物たちとのふれあい体験を

緑豊かな農業公園でアルパカをはじめとした動物たちとふれあい、ドライブの疲れをリフレッシュ。そのほか、自家製品が並ぶショップやレストランなど、見どころも満載だ。

詳細はこちら

加糖ヨーグルト90g180円、焼きプリン120g250円など商品の種類も多彩

▲加糖ヨーグルト90g180円、焼きプリン120g250円など
商品の種類も多彩

手作り体験にもトライ!
予定に余裕があるならグルメ、クラフト、自然の3タイプある体験イベントもぜひ。どうぶつパン作り60分1,200円など、子どもから大人まで楽しめるプログラムをラインナップ。※季節によりメニューが変更になる場合あり。
手作り体験にもトライ!

ページ先頭へ

砥峰高原

高原内は遊歩道や木道が整備され、のんびりと散策することもできる

▲高原内は遊歩道や木道が整備され、のんびりと散策することもできる

例年9月下旬ごろから色付きはじめ、10月中旬に最盛期を迎える

▲例年9月下旬ごろから色付きはじめ、10月中旬に最盛期を迎える

雄大な景観が広がるススキ群生地を散策

約90haにも及ぶ西日本有数のススキの群生地であり、村上春樹原作の映画『ノルウェイの森』の撮影が行われたことでも有名。青葉が美しい夏を過ぎたころ。金色に色付いたススキの穂が秋風にそよぐ風景は、この地方の秋の風物詩として広く名を馳せる県下随一の絶景だ。

詳細はこちら

湖と高原など、さまざまな視点から高原の美景を楽しめる

▲湖と高原など、さまざまな視点から
高原の美景を楽しめる

高原を囲むように道が延びているので、ドライブにもぴったり

▲高原を囲むように道が延びているので、
ドライブにもぴったり

MEMO

春先の山焼きも必見!
毎年3月には山焼きが行われる。高原一帯が炎に包まれる圧倒的スケールの景観が見られる。 このほか、9月は観月会、10月にはススキまつりを開催予定。
春先の山焼きも必見!

ページ先頭へ

コースマップを見る

【取材・文】石原一樹/【撮影】松浦光洋

観光スポットコース&マップ

レジャー特集ページに戻る

ページの先頭へ

アクセスランキング