文字の大きさ

初心者のためのウォーキング講座

河端隆志さんのインターバル速歩ウォークレッスン

河端隆志さんのインターバル速歩ウォークレッスン
河端隆志さんのインターバル速歩ウォークレッスン
河端隆志さんのインターバル速歩ウォークレッスン
河端隆志さんのインターバル速歩ウォークレッスン
■インターバル速歩の基本

  • 3分速歩きをしたら、3分ゆっくり歩く ⇒ これがインターバル速歩です。
    1日の歩行時間の目標はトータル15分。
    歩く速度の目安は、自分の最も速い歩きを100%とした場合、50%のスピードで歩くのが「ゆっくり歩き」、70%のスピードで歩くのが「速歩き」です。自分のその日の体調に合わせ、疲れない程度に休みを取りながら歩く。なによりも継続すること、続けることが大切です。
     

STEP.1 跳ねるように足裏全体を使って歩く

  • 地球の重力の反力を利用して歩くのがポイントです。足裏全体を使い、反力を利用しバウンドするように歩きましょう。
     
     
     
     
     

STEP.2 後ろ足のつま先で蹴って歩かない

  • 後ろ足のつま先で地面を蹴らず、無理に腕を振ろうとしないで肩甲骨でリズムを取りましょう。また、鼻目線(耳と鼻の延長線上に目線をおく)で跳ねるように歩いてください。
     
     
     
     

STEP.3 おしりの大きな筋肉を使って歩く

  • ふくらはぎの筋肉に負担がかからないよう、おしりの大きな筋肉を使って歩くと疲れにくくなります。

河端 隆志 氏

関西大学人間健康学部教授

河端 隆志 氏

現在、世界が注目している信州大学・能勢博教授が提案している健康ウォーク、インターバル速歩を関西にも広めようと活動中。研究分野はスポーツ環境生理学。



ページの先頭へ