文字の大きさ
法隆寺約10キロコース動画で見る

UP DATE
2012/06/27

法隆寺約10キロコース

今回は、奈良・斑鳩の里から、古墳や世界遺産の法隆寺などを巡る約10キロコースをご紹介!
歴史とロマンあふれる斑鳩の田園風景を楽しみながら、奈良の魅力をたっぷりと堪能できる、おすすめのウォーキングコースです!

  • 初心者向け
  • 歴史街道
  • 自然道
  • 撮影スポット
  • 平地

コースマップ

アクセス JR法隆寺
難易度 ★★☆☆☆
概算距離 約9.4km
歩数 約13,000歩
所要時間 約110分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約2.0km
ポイントA
約0.8km
ポイントB
約1.0km
ポイントc
約0.8km
ポイントd
約1.1km
ポイントe
約3.7km
ゴール
   

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

JR法隆寺駅

奈良県生駒郡斑鳩町にある、瓦葺きの屋根の駅舎が特徴的なJR西日本関西本線の駅で「大和路線」の愛称で親しまれている区間にある。世界遺産の一つである法隆寺の玄関口にあたる駅で、週末などは、法隆寺の見学者などで賑わいをみせる。

藤ノ木古墳

奈良県生駒郡斑鳩町にある古墳。玄室内から大量に出土した土師器、須恵器から古墳時代後期、6世紀第4四半期の円墳であると推定され、未盗掘の横穴式石室の発見に、当時は話題となった。現在は、周囲が公園として整備されている。

法隆寺

飛鳥時代の姿を今に伝える聖徳太子ゆかりの寺院。世界最古の木造建築物群である金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心として東院伽藍に分けられる。1993年にユネスコの世界遺産に登録された。

斑鳩神社

法隆寺の北東の天満山に位置し、藤原道真を祀る。法隆寺鎮守4社の一つで寺の鬼門の守護神。旧法隆寺村の氏神様で、俗に「天満さん」とも呼ばれている。境内にある総社明神、五所明神、白山権現は明治2年に法隆寺から遷祀された。

法輪寺

法隆寺東院の北方に位置する聖徳宗の寺。三井寺とも呼ばれ創建は飛鳥時代末期までさかのぼる。1944年、国宝に指定されていた三重塔が落雷により焼失。作家の幸田文らの尽力で、現在は再建されている。 [公式HP] 法輪寺

法起寺

古くは岡本寺とも呼ばれた聖徳宗の寺院。創建は706年頃で、1993年に法隆寺地域の仏教建造物として世界遺産に登録。境内には日本最古の三重塔がそびえ、班鳩三塔の一つとされている。 [公式HP] 法起寺

JR法隆寺

奈良県生駒郡斑鳩町にある、瓦葺きの屋根の駅舎が特徴的なJR西日本関西本線の駅で「大和路線」の愛称で親しまれている区間にある。世界遺産の一つである法隆寺の玄関口にあたる駅で、週末などは、法隆寺の見学者などで賑わいをみせる。


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

今回は、私の第2の故郷でもある奈良県の世界遺産を巡るウォーキングo(^o^)o!世界遺産をいくつも巡る贅沢コースは、まさに観光気分(°▽°)♪斑鳩の田園風景のなかを爽快に歩いていると、ウォーキングの疲れなんか忘れちゃいます。
ぜひ皆さんも一度歩いてみてくださいね!(*^ - ^*)


ページの先頭へ