文字の大きさ
JR南部駅〜うめ振興館コース動画で見る

UP DATE
2013/02/20

JR南部駅〜うめ振興館コース

今回は、JR南部駅をスタートして、日本一の梅の里として有名な「南部梅林」を訪ね、梅の花が咲き乱れる園内のウォーキングコースを歩き、梅の町を全国に情報発信する拠点施設である「うめ振興館」に至るウォーキングコースをご紹介します。

  • 初心者向け
  • 自然道
  • 野鳥鑑賞
  • 撮影スポット
  • 坂道多し

コースマップ

アクセス JR「南部駅」
難易度 ★★☆☆☆
概算距離 約8.0km
歩数 約11,500歩
所要時間 約120分
おすすめ時季 冬・春
スタート    
約3.6km
ポイントA
約4.4km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

JR「南部駅」

和歌山県日高郡みなべ町芝にある、JR西日本紀勢本線(きのくに線)の駅。単式ホームと島式ホームからなる地上駅で、昔ながらの木造瓦葺きの駅舎がある。みなべ町の中心駅で、特急「くろしお」の一部が停車する。また、観梅期には臨時停車する特急もあり、シーズンは観梅客で賑わう。
[関連リンク] みなべ町・田辺町|eoおでかけ

南部梅林

「一目百万、香り十里」と称され、名実ともに日本一を誇る100ヘクタール以上の梅林には、約10万本の梅の木が植えられている。梅林の中には、4キロと3キロのウォーキングコースが設定され、道中では地元の梅農家が12軒のお店を出店している。また「南部梅林梅公園」には、26種類の観賞用の梅が植えられている。
[関連リンク] 南部梅林|eoおでかけ

うめ振興館

日本一の梅の町を全国に情報発信する拠点施設。近代から近世・中世・原始古代へと歴史を遡り、みなべ町の農耕と人々のあゆみを中心に、それぞれの時代を象徴する展示物やビデオでわかりやすく紹介している。また、梅に関する資料も豊富に展示されており、梅のことをさまぎまな視点でとらえ、わかりやすく解説している。
[関連リンク] うめ振興館|eoおでかけ


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

北川 恵

番組ナビゲーター 北川 恵

今回は和歌山県みなべ町の見事な梅の花を楽しめる南部梅林コースを歩きました!
南部駅をスタートして、南部梅林へ向かう道中には、あちこちに梅の花が!期待が高まります。そして梅林に到着、入口の坂を登れば、そこは一面に真っ白な梅の花が咲き乱れて、感動しました。梅林には、梅の花を楽しみながらウォーキング出来るコースもあるんです。梅の甘い香りを感じながら歩けました!華やかな桜も好きですが、梅の上品で可愛らしい雰囲気も素敵ですね。
梅の花を堪能した後には、うめ振興館で梅干が出来るまでの様子を見学。もちろんお土産も買いました。梅を使った加工品がたくさんあるのにビックリ!梅干だけでも様々な味や減塩のものがあるんですね!ご自宅用には、お買い得な破れ梅がオススメです!
ぜひ皆さんも、この時期しか味わえない南部梅林コースを歩いてみてくださいね。

ページの先頭へ