文字の大きさ
JR彦根駅周辺ウォーキングコース動画で見る

UP DATE
2013/04/17

JR彦根駅周辺ウォーキングコース

今回は、天下の名城の一つに数えられる「国宝彦根城」や江戸時代の商人町を再現した「キャッスルロード」を巡り、地元の食材を使った新名物「ひこね丼」を提供している「伊勢幾」に至る、JR彦根駅周辺のウォーキングコースをご紹介します。

  • 初心者向け
  • 街歩き
  • 歴史街道
  • 撮影スポット
  • 平地

コースマップ

アクセス JR彦根駅
難易度 ★☆☆☆☆
概算距離 約6.0km
歩数 約8,600歩
所要時間 約105分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約1.5km
ポイントA
約0.6km
ポイントB
約1.0km
ポイントC
約1.6km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

JR「彦根駅」

滋賀県彦根市古沢町にある、JR西日本と近江鉄道の駅。国宝彦根城の最寄り駅として多くの観光客が利用する。駅前ロータリーには、彦根藩初代藩主・井伊直政の騎馬像が立っている。
[関連リンク] 彦根市|eoおでかけ

彦根城

天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年(1622)に完成。月明かりに浮かぶ彦根城は美しく、琵琶湖八景の一つに数えられている。
[関連リンク] 彦根城|eoおでかけ

夢京橋キャッスルロード

江戸時代の商人町の活気を再現すべく、「OLD NEW TOWN」をテーマに、本町通りに沿って立ち並ぶ街並みを、商人屋敷の良さを活かした江戸時代感覚の新しい建物に建て替え、喫茶店やブティック、一般民家も江戸時代の街並みに再現。「夢京橋」という名前で親しまれている。
[関連リンク] 夢京橋あかり館|eoおでかけ

けやき道

彦根城築城の際、城下町の整備と灌漑のために、近くを流れていた芹川を、町人・農民総出で堤防を築き、堤防を強固にするためにけやきの木を植樹したことがけやき道の始まり。それから400余年を経て、けやきの木は巨木の並木道になり、遊歩道としてここに集う人々を静かに見守っている。
 

伊勢幾

明治十年創業。市制75年を記念し公募で決定した地元の食材を使った新名物「ひこね丼」の販売協力店。提供しているひこね丼は、近江牛すじ肉煮込みと赤こんにゃくの丼をひつまむし風に頂く、ひこねの赤丼。庭の木々を眺めながら、落ちついたお座敷で彦根の新名物を頂くことができる。
住所/滋賀県彦根市錦町4-23
営業時間/(昼)11:00〜14:00 (夜)16:00〜20:00(L.O.)


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

今回は、ひこにゃんで全国区になった彦根市をウォーキング!
今まで彦根と聞くと、彦根城とひこにゃんしか知らなかったのですが、歩くことによって彦根の魅力いっぱい見つけました!国宝の彦根城は見応え、歩き応え、ともにたっぷりでした。また、ひこにゃんには年中無休で会うことができます。夢京橋キャッスルロードも昔の城下町を歩いている感じで、素敵なお土産にも出会えます!そしてなんと言っても、川沿いのけやき並木がとっても素敵でうっとりしてしまいました!
最後に立ち寄った「伊勢幾」で頂いたひこね丼の美味しさに驚きました。あの美味しさは忘れられない!夢に出てきそう!
皆さんもぜひ、彦根ウォーキングに出かけてくださいね!

ページの先頭へ