文字の大きさ
アシックス presents 〜摩耶山登山・上野道コース〜動画で見る

UP DATE
2013/06/19

アシックス presents

摩耶山登山・上野道コース

今回は、トレイルランニングの選手でもあるアシックスジャパンの国友正晴さんの案内で、摩耶山登山・上野道コースをご紹介。阪急王子公園駅をスタートして摩耶山天上寺の表参道として整備された登山道・上野道を経由して摩耶山山頂にある展望台・掬星台に至るウォーキングコースをご紹介。

  • 歴史街道
  • 自然道
  • 撮影スポット
  • 山登り
  • 坂道多し

コースマップ

アクセス 阪急「王子公園駅」
難易度 ★★★★☆
概算距離 約5.0km
歩数 約7,200歩
所要時間 約180分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約0.2km
ポイントA
約1.5km
ポイントB
約0.3km
ポイントC
約1.6km
ポイントD
約0.8km
ポイントE
約0.6km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

阪急王子公園駅

神戸市立王子動物園の最寄り駅。平成12年(2000年)にジャイアントパンダが王子動物園で公開されて以来、多くの家族連れや行楽客の乗降駅として賑わっている。
[関連リンク] 神戸市立王子動物園|eoおでかけ

王子公園

戦後に開催された神戸博の跡地を整備して作られた。園内には、関西三大動物園のひとつ、神戸市立王子動物園や王子陸上競技場(王子スタジアム)がある。王子動物園は、日本で唯一のパンダとコアラを同時に見ることができる動物園として有名。

摩耶ケーブル駅

大正14年(1925年)に、摩耶山天上寺への参詣路線として開業。虹の駅でケーブルカーとロープウェーが連絡しており、山頂まで登ることが出来る。今年3月にリニューアルオープンし、車体のデザインなどが変更され人気を呼んでいる。

上野道登山口

約1500年続いた摩耶山天上寺の表参道として、整備された登山道。登山口までは、住宅街の急坂を抜けてゆく。きれいに整備された参道は、ところどころに展望台も設置されており、神戸市街の眺望を堪能しながら、山頂を目指せる。

虹の駅

摩耶山登山のコース中腹にある、摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーの連絡駅。摩耶山登山者の休憩ポイントとしても活用されている。

摩耶山史跡公園(旧天上寺跡)

昭和51年(1976年)に山門だけを残し、焼失してしまった天上寺の境内跡地。石垣や遺構がかつての大伽藍のなごりを残している。

掬星台・星の駅

標高702メートルの摩耶山山頂にある展望台。日本三大夜景のひとつに数えられるその眺望は素晴らしい。手で星を掬えるほどの絶景の夜景が楽しめることから、その名前がついたといわれる。摩耶ロープウェー星の駅は徒歩すぐ。
[関連リンク] 摩耶山 掬星台|eoおでかけ


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

今回は、摩耶山をウォーキンGood!
スタートの前に、ゲストウォーカーのアシックスジャパン国友さんに指摘されたのは、私の靴!普段、街を歩く時のウォーキングシューズと、山を歩く時のシューズは違って当然なのですね!皆さんも山を歩くときは、山のでこぼこ地面でも歩きやすい滑りにくいシューズを選びましょう。そして、装備も突然の雨に備えてカッパや、寒くなった時のためのジャンパー、もちろん水、熱中症予防のタオルや帽子も準備してくださいね。
国友さんと一緒に歩いていて、とても勉強になったのは、早くゴールしたいからと頑張って歩くのではなく、ゆっくりと同じリズムで心拍数を上げないように歩くこと。遠回りになってもいいから、なるべく傾斜のゆるい所を選んで登っていく方が、結果的に早くゴール出来るそうです。国友さんいわく…、童話のうさぎとかめ理論だそうです。皆さんもウォーキングの際には、参考にしてくださいね。

ページの先頭へ