文字の大きさ
長浜インターバル速歩動画で見る

UP DATE
2013/09/18

長浜インターバル速歩

信州大学の能勢博教授が考案したインターバル速歩を関西でも広げようと活動する、関西大学人間健康学部の河端隆志教授をゲストに迎え、インターバル速歩を体験。歴史ロマン溢れる長浜の市街地およそ4kmのコースを歩きます。

  • 初心者向け
  • 街歩き
  • 歴史街道
  • 撮影スポット
  • 平地

コースマップ

アクセス JR「長浜駅」
難易度 ★☆☆☆☆
概算距離 4.0km
歩数 約5,700歩
所要時間 約60分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約0.7km
ポイントA
約0.2km
ポイントB
約1.3km
ポイントC
約1.2km
ポイントD
約0.2km
ポイントE
約0.4km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

豊公園・長浜城

豊臣秀吉の居城であった長浜城本丸跡に広がる総合公園。豊かな自然に囲まれ、季節ごとに桜や梅・フジの花が咲き、四季折々の風景を楽しむことができる。園内には長浜城天守閣を模した長浜城歴史博物館があり、当時の歴史や文化に触れることができる。
[関連リンク] 豊公園|eoおでかけ

慶雲館

慶雲館は明治20年に明治天皇・皇后の京都行幸啓の際、行在所として建てられた近代和風建築物。1月から3月にかけて、全国的に有名な盆梅展が開催され、高さ約3mの巨木や樹齢400年の古木などが、見るものの目を楽しませてくれる。
[関連リンク] 慶雲館|eoおでかけ

長浜鉄道スクエア

旧長浜駅舎・長浜鉄道文化館・北陸線電化記念館の3館で構成され、旧長浜駅舎は、現存する日本最古の駅舎。長浜鉄道文化館では北陸本線に関する鉄道史料が展示されている。また、実物鉄道車両が保存されていて、多くの鉄道マニアが訪れる。

長濱八幡宮

平安後期に源義家の発願を受けた後三条天皇の勅により、石清水八幡宮を勧請して創建したと伝わる。安土桃山時代から続くといわれる、日本三大山車祭のひとつ「長浜曳山祭」は、この長濱八幡宮の例祭として有名。

長浜市曳山博物館

長浜曳山まつりの歴史・文化が分かる博物館。金工彫刻や木彫り・漆塗など、日本の伝統工芸の粋を集めた曳山まつりは「動く美術館」と呼ばれている。館内には、曳山と呼ばれる舞台村の山車を常時4基ずつ展示。最新技術を駆使したスクリーンには、華やかで迫力ある映像が映し出され、臨場感あふれる祭の雰囲気が堪能できる。

黒壁スクエア

黒漆喰の和風建築である黒壁1號館から30號館までの総称で、江戸時代から明治時代の和風建造物の情緒ある町並みと、その古建築を活用した美術館、ギャラリー、ガラス工房等の文化施設、レストラン、カフェが集積するエリア。年間約300万人の観光客が訪れる湖北随一の観光スポットである。
[関連リンク] 黒壁スクエア|eoおでかけ

JR「長浜駅」

滋賀県長浜市北船町にある、JR西日本北陸本線の駅。駅周辺は長浜市の中心市街地で、商業施設や観光施設が集積している。駅前にはバスなどが発着するロータリーが整備されていて、利用客で賑わう。
[関連リンク] 長浜市|eoおでかけ


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

今回は、滋賀県長浜市をウォーキンGood!
長浜には初めて来たのですが、さすが!住みやすさランキング全国ナンバー1に輝いたこともあり、とっても魅力あふれる街でした!
今回は、関西大学人間健康学科の河端教授に、インターバル速歩を教えていただきました!長浜の情緒あふれる街並みを楽しみつつ、インターバル速歩を取り入れる事で、いつものウォーキングよりも運動量が増しました!普通のウォーキングには、物足りなさを感じ始めている皆さんにオススメ!
豊公園・長浜城をスタートして、長濱八幡宮の気持ちいい参道や曳山博物館、黒壁スクエアなど、どこを歩いても見応えタップリの長浜を、皆さんもぜひウォーキングしてみてください!

ページの先頭へ