文字の大きさ
阪急京都線沿線観光あるき 〜大山崎天王山コース〜動画で見る

UP DATE
2013/10/16

阪急京都線沿線観光あるき

大山崎天王山コース

今回は、大山崎町の天王山コースを散策。「天下分け目の天王山」として有名な秀吉と光秀が戦った山崎合戦の舞台となった天王山。紅葉シーズンを先取りしてウォーキング。阪急大山崎駅から、12月に開業する新駅・阪急西山天王山駅までのコースを歩きます。

  • 初心者向け
  • 歴史街道
  • 自然道
  • 撮影スポット
  • 山登り

コースマップ

アクセス 阪急「大山崎駅」
難易度 ★★☆☆☆
概算距離 5.2km
歩数 約7,500歩
所要時間 約130分
おすすめ時季 春・秋
スタート    
約0.2km
ポイントA
約0.4km
ポイントB
約0.5km
ポイントC
約0.3km
ポイントD
約0.4km
ポイントE
約2.3km
ポイントF
約1.1km
ゴール

コースのポイント〜コースのポイントをまとめてご紹介〜

阪急「大山崎駅」

京都府乙訓郡大山崎町にある、阪急電鉄京都本線の駅。大山崎町の玄関口として知られ、周辺には山崎の合戦跡や水無瀬神宮なと、歴史スポットが点在する。京都競馬場の最寄り駅として、中央競馬開催日には、利用客で賑わう。

天王山登り口

京都盆地の西辺となる西山山系の南端に位置し、東の男山との間で地峡を形成する。天王山という山名は、中腹に牛頭天王を祀る山崎天王社(現自玉手祭来酒解神社)があることに由来するという。
 

宝積寺

別名「宝寺」とよばれるように、寺宝が多く収蔵されている。中でも日本一の閻魔大王と呼ばれる、鎌倉時代の作とされる閻魔王像は、圧倒的な迫力で見るものに迫ってくる。境内の三重塔は「秀吉一夜の塔」と呼ばれる重要文化財。

旗立松展望台

天王山には、多くの絶景ポイントがあり、青木葉谷展望広場からは、大阪平野が一望でき、天候がよければ大阪城を眼前に見ることができる。旗立松展望台は京都側を望む。山崎合戦の主戦場を一望でき、往時の武将たちに思いをはせることが出来るスポット。

酒解神社

天王山の山名の由来となった「牛頭天王」を祭神とする大山崎地域の産土神。日本最古の木造櫓として有名な本殿横の御輿櫓は、鎌倉時代前期の建築で重要文化財に指定されている。

天王山山頂

標高約270mの天王山は、古来から地理的に重要視され、多くの武将が山城を築いた。山崎合戦に勝利した豊臣秀吉もこの地に山崎城を作り、天下に睨みを効かせていた。

小倉神社

桓武天皇の平安遷都に合わせ、鬼門除けとして鎮座したといわれる。豊臣秀吉も戦勝祈願したといわれ、現代でもパワースポットとして名高い神社である。

阪急「西山天王山駅」

2013年12月21日に開業される阪急電鉄京都本線の新駅。上部を走る京都縦貫自動車道とエレベーターで連絡し、全国でも珍しい鉄道から高速バスへと乗り換えの出来る駅舎となる。


コースの風景〜コース風景や道中で出会ったウォーカーさんなどご紹介〜

歩いてみた感想〜番組スタッフが実際にコースを歩いてみました!〜

藤井 日菜子

番組ナビゲーター 藤井 日菜子

今回は、阪急大山崎駅をスタートして、天王山を登り、阪急電鉄京都線の新駅・西山天王山駅に至るコース!
歴史浪漫にあふれ自然も豊かな大山崎には、神社やお寺などが沢山あります。なんといっても、豊臣秀吉が歩いたといわれる道を歩けるなんて、歴史好きな方にはたまらないウォーキングコースですよね!
天王山の山道では、竹林や赤松の森などの豊かな自然を楽しむことができます。変化に富んだ景色で、飽きの来ないルートでした。途中の展望台からは、天下分け目の合戦の舞台になった場所を見下ろしながら歴史浪漫を満喫。美しい景色が楽しめる山崎城跡では、秀吉と同じ目線でお昼ご飯を食べました。最後に立ち寄った小倉神社はパワースポットだそうで、とても厳かな雰囲気の神社でした。
皆さんもぜひ、紅葉が色づいた時期にあわせて歩いてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ